vssadmin で非サポートのドライブを VSS 記憶域として設定できてしまう

現象
vssadmin コマンドを利用し VSS 記憶域の配置先を構成する場合、誤って未サポートの構成となる場合があります。例えば BitLocker が構成されているソースボリュームの VSS 記憶域は同じソースボリューム上に配置する必要があります。しかし、vssadmin コマンドは VSS 記憶域として未サポートである別のドライブを指定してもエラーなく終了します。しかし、コマンドが正常終了しても本構成は未サポートとなります。

[構成] 
C ドライブ: システムドライブ
E ドライブ: データドライブ(BitLocker 有効)
F ドライブ: データドライブ(BitLocker 無効) <--- E ドライブの VSS 記憶域を F ドライブに設定できてしまうがこの構成は未サポート

[コマンド] 
vssadmin  add shadowstorage /for=e: /on=f: /maxsize=unbounded <--- 上記のように未サポート構成でもエラーなくコマンドは完了する
原因
vssadmin コマンド内で BitLocker のサポート可否を判定する部分に問題があり、未サポート構成でもエラーなくコマンドが完了致します。
解決方法
回避策
上記のように vssadmin を実行すると未サポート構成でも構成することができます。以下の構成は vssadmin から構成できても未サポートになりますのでご注意ください。また、サポートされる構成を組む手順としてはディスクボリュームのアイコンを右クリックして表示される [シャドウ コピーの構成] をご利用ください。

以下、VSS 記憶域の未サポート構成の例になります。

- ネストしたボリュームの場合(物理ボリュームの先にマウントされているボリュームなど)
- BitLocker 構成ボリュームがソースのボリュームで VSS 記録域として別のボリュームが指定された場合
- VSS 記憶域のボリュームのセクタサイズがソースボリュームより大きい場合
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3169464 - 最終更新日: 09/29/2016 13:10:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard

  • KB3169464
フィードバック