SQL Server 2014 または 2016 のプラン表示 XML で 1 件のクエリに対する有効な最大メモリを公開する更新プログラム

概要
この更新プログラムにより、SQL Server 2014 または 2016 のプラン表示 XML スキーマに以下の新しい属性が追加されます。
  • OptimizerHardwareDependentProperties 以下の MaxCompileMemory: 1 件のクエリをコンパイルするために使用できるメモリの最大量 (KB 単位)。
  • MemoryGrantInfo 以下の MaxQueryMemory: クエリの実行にメモリが必要な場合に、個々のクエリ許可で使用できるメモリの最大量 (KB 単位)。

これらの属性の値は、クエリのコンパイル時と実行時に適用されるときに、現在のサーバー構成と Resource Governor の設定に従って与えられます。

詳細
この更新プログラムは、SQL Server の以下の Service Pack に含まれています。


SQL Server の Service Pack の概要
Service Pack は累積的であり、最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。最新の Service Pack と、その Service Pack の最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。最新の Service Pack をインストールする前に、以前の Service Pack をインストールする必要はありません。最新の Service Pack と最新の累積的な更新プログラムについての詳細は、以下の記事の表 1 を参照してください。

関連情報
マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。
プロパティ

文書番号:3170112 - 最終更新日: 11/30/2016 17:08:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2016 Standard

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew KB3170112
フィードバック