XML プラン表示で、オペレーターごとのクエリ実行統計および 2014 sp2 では SQL Server の拡張イベントを公開するための更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3170113
行、クエリのパフォーマンスのトラブルシューティングのための実際の数など、オペレーターごとのクエリ実行の統計を収集するために非常に重要です。Microsoft SQL Server では、この情報は実際の実行プランの表示にします。2014 SP2 の SQL Server および SQL Server 2016年は、実際の実行プラン XML が拡張RunTimeCountersPerThread要素は、経過時間、CPU 時間、論理的および物理的な読み取りを (もしあれば) などの情報を含む複数の実行の統計情報を追加するのには。

負荷の大きい操作は、ただし、実際の実行プランを収集する。クエリの実行時にパフォーマンスの低下が発生する代替手段を提供するには、SQL Server 2014 SP2 の新しい拡張イベントquery_thread_profileが追加されました。クエリ プラン演算子と実行のスレッドごとにクエリの実行の最後に、このイベントがトリガーされます。Node_id属性は、クエリ ・ プランから取得できる、次のように、プラン ハンドルとsys.dm_exec_query_plan動的管理関数を使用してクエリ プランのキャッシュにこの情報を相関関連づけを使用できます。

Query_thread_profile拡張イベントを有効にするとパフォーマンスに与える影響は、enablingthe のquery_post_execution_showplan拡張イベントの影響よりも大幅に減少、ときに実際のパフォーマンスの作業負荷によって異なります。

新しい機能を取得する方法

Service Pack 情報

2014 の SQL Server のサービス パック 2

SQL Server のサービス パックについて

サービス パックは累積されます。各新しいサービス パックには、すべての新しい修正プログラムと共に、以前の service pack に含まれるすべての修正プログラムが含まれています。推奨では、最新の service pack と service pack の最新バージョンの累積的な更新を適用します。最新の service pack をインストールする前に、以前の service pack をインストールする必要はありません。最新の累積的な更新と service pack の詳細についてを検索するには、次の資料の表 1 を使用します。

バージョン、エディション、および更新プログラムのレベルの SQL Server とそのコンポーネントを確認する方法

状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3170113 - 最終更新日: 07/12/2016 04:47:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3170113 KbMtja
フィードバック