ビジネス サーバー 2015 年 6 月 2016 累積の Skype で修正される統合コミュニケーション Web API (UCWA) 問題が 6.0.9319.259 を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3170156
現象
この修正プログラムには、次の問題が解決されます。
  • マイクロソフト ユニファイド コミュニケーション Web API (UCWA) は、写真や Microsoft Exchange Web サービス (EWS) の検索の目的を達成するための Exchange web プロキシを作成する際に、初期化設定を取得するために ExchangeWebServiceProxyFactory 内で作成されたストレージのクライアントがあります。したがって、UCWA には、複数の WCF 接続 Lync ストレージ サービス (LYSS) とがあります。排気 WCF 接続の潜在的な問題になります。
  • この更新プログラムは、ビジネス サーバー 2015年の Skype にもう一度招待メッセージがビデオのモダリティのエスカレーションを行う AVMCU を発生させる API を UCWA に追加します。
  • サインインできない場合 Skype ビジネス サーバー 2015年の LYSS 要求をいくつかの保持、または UCWA の内部キューで一部の作業項目が重ねられますと、問題が修正されます。
  • インスタント メッセージング (IM) メッセージを送信すると、UCWA は、null 参照エラーが発生してクラッシュします。
  • 終了した状態では、ユーザーのエンドポイントが、UCWA アプリケーションがまだ確立されている状態では、招待メッセージを受信した配信されますユーザーのエンドポイントと既定の静的エンドポイント間で無限に。
  • サーバー 2015 のビジネス環境の Microsoft Skype で UCWA を使用して、エスカレーション処理中に発生する問題を修正します。

    このような状況は、次のイベントが記録されます。

    ログ名: Lync Server
    ソース: LS UCWA
    日付:日付/時刻
    EventCategory。1099
    EventLevel。1
    ユーザー名: 該当なし
    EventDisplayNumber。 2000320003
    EventDescription
    UCWA には、ハンドルされない例外が発生しました。

    例外: System.Collections.Generic.KeyNotFoundException: 指定されたキーがディクショナリ内に存在しません。
    Microsoft.Rtc.Collaboration.LocalEndpoint.CallKeyUpdated (previousCallKey の文字列、文字列の newCallKey) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Call.UpdateRemoteParticipantAndCallId (IncomingInviteData inviteData、SignalingSession セッション、ブール isPrimary) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Call.ProcessAndCreateFinishEscalationAsyncResult (ブール型の isSuccessful、AsyncCallback userCallback、オブジェクトの状態) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Call.BeginFinishEscalation (ブール型の isSuccessful、AsyncCallback userCallback、オブジェクトの状態) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Conferencing.EscalateToConferenceAsyncResult.b__1a (CallSession callSession) で
    System.Collections.Generic.List'1.ForEach (1' アクション) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Conferencing.EscalateToConferenceAsyncResult.CommitEscalation (EscalationEndpointContainer エンドポイント) に
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Conferencing.EscalateToConferenceAsyncResult.CommitEscalation() で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Conferencing.EscalateToConferenceAsyncResult.CompleteCore (RealTimeException completionException) で
    Microsoft.Rtc.Signaling.SipAsyncResult'1.MakeCallback (オブジェクトの状態) で
    Microsoft.Rtc.Signaling.SipAsyncResult'1.Complete (ex、ブール値の synchronousCompletion テックス) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Conferencing.EscalationAsyncResult.FinishCompleting() で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Conferencing.EscalateToConferenceAsyncResult.ProcessDialOutQueueOrCompleteEscalationIfNeeded (オブジェクトの状態) で
    Microsoft.Rtc.Signaling.QueueWorkItemState.ExecuteWrappedMethod (WaitCallback メソッドは、オブジェクトの状態) で
    System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
    System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
    System.Threading.QueueUserWorkItemCallback.System.Threading.IThreadPoolWorkItem.ExecuteWorkItem() で
    System.Threading.ThreadPoolWorkQueue.Dispatch() で
    原因: ハンドルされていない例外が発生しました。
    解像度:
    サーバーを再起動します。場合は問題には、連絡先の製品サポートが解決しません。

  • 修正がインスタント メッセージング (IM) をしているときに発生する問題では受信を介してマイクロソフト ユニファイド コミュニケーション Web API (UCWA) Microsoft Skype でビジネス サーバー 2015年です。このような状況は、次のイベントが記録されます。

    ログ名: Lync Server
    ソース: LS UCWA
    日付:日付/時刻
    EventCategory。1099
    EventLevel。 1
    ユーザー名:該当なし
    EventDisplayNumber。 20003

    イベントの説明

    UCWA には、ハンドルされない例外が発生しました。
    例外: System.ArgumentNullException: 値を null にすることはできません。
    パラメーター名: コレクション
    System.Collections.Generic.List'1..ctor (1' の IEnumerable コレクション) にあります。
    で Microsoft.Rtc.Collaboration.InstantMessagingMediaCapabilities.ctor (List'1 supportedContentTypes)
    Microsoft.Rtc.Collaboration.InstantMessagingCall.ProcessIncomingInviteOffers (SdpOffer サービス) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.Call.InitializeIncomingSession (SignalingSession signalingSession、IncomingInviteSessionRequestData incomingInviteRequestData) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.LocalEndpoint.ProcessIncomingCall (IncomingInviteSessionRequestData incomingInviteRequestData、SessionReceivedAsyncEventArgs e、RealTimeException & caughtException、Int32 & rejectionResponseCode、Nullable'1 & diagCode、IncomingInviteSessionDataHolder incomingDataHolder、callToReplace を呼び出し、呼び出し & 呼び出しでは、List'1 callSelectionMediaTypes、会話の会話) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.LocalEndpoint.ProcessIncomingSignalingSession (IncomingInviteSessionRequestData incomingInviteRequestData, SessionReceivedAsyncEventArgs e) で
    Microsoft.Rtc.Collaboration.LocalEndpoint.InitializeInvitationScreeningDataCompleted (IAsyncResult 結果) で
    Microsoft.Rtc.Signaling.SipAsyncResult'1.MakeCallback (オブジェクトの状態) で
    Microsoft.Rtc.Signaling.QueueWorkItemState.ExecuteWrappedMethod (WaitCallback メソッドは、オブジェクトの状態) で
    System.Threading.ExecutionContext.RunInternal (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
    System.Threading.ExecutionContext.Run (ExecutionContext executionContext、ContextCallback コールバック、オブジェクトの状態、ブール値の preserveSyncCtx) で
    System.Threading.QueueUserWorkItemCallback.System.Threading.IThreadPoolWorkItem.ExecuteWorkItem() で
    System.Threading.ThreadPoolWorkQueue.Dispatch() で

    原因: ハンドルされていない例外が発生しました。
    解像度:
    サーバーを再起動します。場合は問題には、連絡先の製品サポートが解決しません。

解決方法
この問題を解決するにはインストール、 2016 の 6 月の累積的な更新プログラム 6.0.9319.259 ビジネス サーバー 2015年とユニファイド コミュニケーション マネージ API 5.0 の Skype の実行時です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3170156 - 最終更新日: 06/30/2016 14:16:00 - リビジョン: 1.0

Skype for Business Server 2015

  • kbfix kbqfe kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3170156 KbMtja
フィードバック