Vssadmin は DiffArea のドライブのボリュームがサポートされていることを確認しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3171733
現象
Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012 では、または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでは、指定した暗号化されたボリュームのシャドウ コピーの記憶域関連付けを別のボリュームに追加するのには次のコマンドを実行することを想定しています。

vssadmin shadowstorage を追加する =/<source drive=""> /[=<destination drive=""> /maxsize = 非</destination></source>

注: <b><source drive="">プレース ホルダーは、データ ドライブが BitLocker の保護を有効にするを表します。<destination drive="">プレース ホルダーは、データ ドライブが BitLocker の保護が無効になっていることを表します。

このコマンドは、エラーまたは警告をしなくても正常に実行されます。

重要: この構成ではサポートしていません。</destination></source>
原因
これは、vssadmin コマンドの構文では既知の問題です。Vssadmin はシャドウ コピーの記憶域関連付けのボリュームがサポートされているかどうかを確認する必要な関数を呼び出しません。
解決方法
このサポートされていないシナリオを避けるためには、ディスク ・ ボリューム ・ アイコンを右クリックしたときに表示されるシャドウ コピーのバージョンを構成するのには、GUI を使用します。

ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) の UI では、CVssDiffMgmt::QueryVolumesSupportedForDiffAreas()を呼び出し、DiffArea のボリュームがサポートされているかどうかを確認します。DiffArea のためのボリュームが暗号化されて、同じボリュームではない場合は、ボリュームは、UI には表示されません。
詳細
VSS 記憶域のサポートされていないその他の構成を以下に示します。
  • 入れ子になったボリュームと物理ボリュームは、以前マウントされたボリューム) の場合など。
  • BitLocker で暗号化されたボリュームは、ソース ・ ボリュームのシャドウ コピーの記憶域として指定されている別のボリュームです。 場合、
  • 場合は、VSS のストレージ領域のボリュームのセクター サイズは、ソース ・ ボリュームを超えています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3171733 - 最終更新日: 06/23/2016 17:04:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • kbmt KB3171733 KbMtja
フィードバック