Office 365 専用 vNext に専用の従来からの移行後ルーム リストを表示できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3172266
現象
専用のレガシー環境から Office 365 専用 vNext にメールボックスを移動すると、次の問題の一方または両方が発生します。

  • ルーム リストを Microsoft Outlook で会議室の選択] ダイアログ ボックスでは表示されません。
  • ルームは、会議室の一覧に表示されません。
原因
ルームの一覧は、配布グループの特殊なために、この問題が発生します。このグループでは、vNext に移動する場合にユーザーの Outlook でオプションとして表示されているために、特定の構成が必要です。
詳細
室メールボックスまたはメール ユーザーが従来の専用の環境でのメールボックスの部屋を表す、ルームのリストが含まれています。これらのリストでは、管理者が会議室を整理するには、地域や建物を使用できます。ユーザーは、会議出席依頼に対する各会議室メールボックスを個別に追加することがなく利用可能なルームを表示するのには Outlook で特定の場所のリストを選択できます。

従来の専用の環境では、ルーム リストは、オンプレミスの配布グループを作成し、その管理対象の環境へのグループの同期によって作成されます。管理者は、配布グループをセット DistributionGroupコマンドレットを使用して会議室の一覧に変換できます。

VNext に移行すると、ルームの一覧とリソース メールボックス (部屋・備品) を指定してください。これを行うには、vNext に特定の受信者の表示タイプと同期の設置型の受信者の種類の詳細属性を設定します。ルーム リストには、ルームのメールボックスまたはメール ユーザーを表す会議室だけを含めることができます。

設置部屋のリストは次の受信者 (Active Directory のプロパティはmsExchRecipientDisplayType) の種類と受信者の種類の詳細 (Active Directory プロパティmsExchRecipientTypeDetails) を表示するのにはメールボックスを設定する必要がある部屋を表すオブジェクト、配布グループです。VNext 部屋・備品のメールボックスでは、 msExchResourceMetaDataプロパティが要求されるも。

msExchRecipientDisplayTypemsExchRecipientTypeDetailsmsExchResourceMetaData
ルームの一覧1268435456該当なし
会議室メールボックス7128リソースの種類: ルーム
備品用メールボックス8128リソースの種類: 機器

部屋・備品のメールボックスは、vNext でメールが有効なする必要があります。Azure の AD 接続では、mailNickNameプロパティ値 (エイリアス) が必要です。

確認するのには次のコマンドレットを実行して、vNext での会議室または機材のオブジェクト。
Get-Recipient <SMTP address of room or equipment> | ft ResourceType
VNext で会議室の一覧を確認するには、次のコマンドレットを実行します。
Get-DistributionGroup <SMTP address of room list> | ft RecipientTypeDetails
VNext で会議室の一覧のすべてのメンバーを確認するには、次のコマンドレットを実行します。
Get-DistributionGroupMember <SMTP address of room list> | get-recipient | ft primarySMTPaddress,resourcetype
すべての会議室を修正、配布グループは、会議室の一覧に変換されていない場合は、ルーム リストに配布グループの変換を再試行するのには Azure AD を強制する必要があります。Thisbyusing 次の方法のいずれかの操作を行います。

方法 1: Azure AD 接続を再同期するのには Azure AD から配布グループを削除します。
グループの再同期を強制するには、Azure AD からグループを削除するのには、Azure AD PowerShell で次のコマンドレットを実行します。削除 MsolGroupは、Azure AD の PowerShell モジュールの一部であるコマンドレットです。PowerShell コマンドレットの Azure AD の PowerShell モジュールの詳細については、次を参照してください。Azure Active Directory のコマンドレット.
Remove-MsolGroup <ObjectID>
このコマンドの詳細についてを参照して 削除 MsolGroup.オブジェクト Idのプロパティは、Get MsolGroupコマンドレットを実行することによって確認できます。Azure AD から削除されると、オブジェクト Idのプロパティがあります resynched 次に Azure AD 接続テストの実行、および会議室の一覧として Exchange に同期化されます。

メソッド 2:Change msExchRecipientTypeDetails プロパティ
256、配布グループを表すmsExchRecipientTypeDetailsプロパティの値を更新します。Azure の AD 接続変更を同期するを待ちます。268435456msExchRecipientTypeDetails値にリセットし。Exchange vNext に変更が同期されるは、配布グループを会議室の一覧に変換する必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3172266 - 最終更新日: 08/22/2016 09:35:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB3172266 KbMtja
フィードバック