」の入力は、保護を構成する適切な形式ではありません"VM のバックアップを有効にするのには Azure PowerShell を実行するとエラーが発生

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3172632
現象
相手の Microsoft Azure PowerShellthat より前のバージョン 1.5.1 で Microsoft Azure の仮想マシン (Vm) のバックアップを有効にすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

PS C:\WINDOWS\system32 > を有効にする AzureRmRecoveryServicesBackupProtection-$policy のポリシーの名前 BackupItemName -ResourceGroupName ResourceGroupName
有効にする-AzureRmRecoveryServicesBackupProtection。
BMSUserErrorInvalidConfigureProtectionRequest: 入力の保護を構成する適切な形式ではありません
コンテナーが存在し、その他のパラメーターは、有効な形式でことを確認してください。
原因
この問題は、Microsoft Azure の回復サービスのボルトのコマンドレットが更新され、重要なセキュリティ修正プログラムでは、この更新プログラムの Azure PowerShell 内にエラーより前のバージョン 1.5.1 バージョンをトリガーするために発生します。
回避策
この問題を回避するには、ダウンロードとインストール Azure PowerShell.To の最新バージョンに移動 Azure のダウンロード >コマンド ライン ツール> PowerShell > Windows をインストールします。

これを行うときは、次のダウンロード ページが表示されます。

ダウンロード ページのスクリーン ショット

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3172632 - 最終更新日: 07/21/2016 20:31:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbsurveynew kbprb kbfix kbexpertiseadvanced kbmt KB3172632 KbMtja
フィードバック