マイクロソフト アプリケーションの仮想化にはライブラリの修正プログラム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3172672
この修正プログラムについて
この修正プログラムは、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (APP-V) で使用されている時に回り道ライブラリの脆弱性を修正します。影響を受けるバージョン、次のとおりです。

  • App-v 5.1
  • APP-V 5.0 Service Pack 3 (SP3)
  • APP-V 4.6 SP3
  • APP-V 4.5 SP2
APP-V がメモリ内のオブジェクトを処理する方法で、情報漏えいの脆弱性が存在します。この場合、アドレス空間レイアウトのランダム化 (ASLR) のバイパスが発生します。

情報漏えいの脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、取得した情報を使用して、Windows では ASLR のセキュリティ機構をバイパスするでした。このメカニズムは、さまざまな脆弱性からユーザーを保護するために役立ちます。ASLR バイパス自体では、任意コードの実行を許可されていません。ただし、攻撃者は、リモート コード実行の脆弱性、任意のコードを実行するのには、ASLR のバイパスを使用しているなど、別の脆弱性と ASLR のバイパスを使用する可能性があります。

ASLR のバイパスを悪用するには、攻撃者は、影響を受けるシステムにログオンし、特別に細工されたアプリケーションを実行する必要があります。ワークステーションでは、主に、潜在的な ASLR バイパスに対して脆弱です。

APP-V コンポーネントがメモリ アドレスを処理する方法を修正することによってこのセキュリティ更新プログラムにより、ASLR をバイパスします。
修正プログラムの情報
サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部にある「修正プログラム ダウンロード使用可能な"セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、修正プログラムを取得するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに要求を送信します。

<b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムに該当しない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが使用できないためです。

<b>APP-V 5.1、および APP-V 5.0 SP3 のダウンロード可能なファイル形式にはの修正プログラム ID>_intl_i386_zip.exeし、x86 ベースおよび x64 ベースの両方のアーキテクチャ用のインストーラーが含まれています。APP-V 4.6 の sp3 では、x86 および x64 用の個別のインストーラーが用意されています。APP-V 4.5 SP2 インストーラーが用意されている x86 です。[ダウンロードしたファイルの名前を参照してください、 ファイル情報 セクションです。

必要条件

APP-V の特定のバージョンに対するこの修正プログラムを適用するには、APP-V インストールのリリース バージョンが必要です。などの APP-V 5.1 の修正プログラムを適用するには、APP-V 5.1 がインストールされているまたはサービス リリースがインストールされて、その後、APP-V 5.1 のリリース バージョンが必要です。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置換しません。.
ファイル情報
修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

493072_intl_i386_zip.exe
ファイル名Buildversionファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Appv4.5sp2 rds kb3172672 x86.msp4.5.3.201612,256,8964-7 月 7-1611:28x86
Appv4.5sp2 wd kb3172672 x86.msp4.5.3.201612,256,8964-7 月 7-1611:47x86
493672_intl_i386_zip.exe
ファイル名Buildversionファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Appv4.6sp3 rds kb3172672 x86.msp4.6.3.262608,773,63221-9 月-1611:27x86
Appv4.6sp3 wd kb3172672 x86.msp4.6.3.262608,773,63221-9 月-1611:27x86
493673_intl_x64_zip.exe
ファイル名バージョンをビルドします。ファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Appv4.6sp3-rds-kb3172672-x64n.msp4.6.3.262609,474,04821-9 月-1611:27x64
Appv4.6sp3 wd kb3172672 x64n.msp4.6.3.262609,474,04821-9 月-1611:27x64
493054_intl_i386_zip.exe
ファイル名バージョンをビルドします。ファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Appv5.0sp3_client_kb3172672.exe5.0.10345.076,717,97623-6 月-1611:53x86 & x64
Appv5.0sp3_rds_kb3172672.exe5.0.10345.076,716,62423-6 月-1611:53x86 & x64
493052_intl_i386_zip.exe
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Appv5.1rtm_client_kb3172672.exe5.1.108.041,005,59213-7 月 7-164:26x86 & x64
Appv5.1rtm_rds_kb3172672.exe5.1.108.041,005,19213-7 月 7-164:26x86 & x64
状況
マイクロソフトでは、対象セクションに記載されているマイクロソフト製品の更新プログラムは認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3172672 - 最終更新日: 09/29/2016 10:37:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Application Virtualization 4.5 for Terminal Services, Microsoft Application Virtualization 4.5 for Windows Desktops, Microsoft Application Virtualization 4.6 for Terminal Services Service Pack 3, Microsoft Application Virtualization 4.6 for Windows Desktops Service Pack 3, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Remote Desktop Services Service Pack 3, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 3, Microsoft Application Virtualization 5.1 for Remote Desktop Services, Microsoft Application Virtualization 5.1 for Windows Desktops

  • kbqfe kbsurveynew kbautohotfix kbhotfixserver kbfix kbexpertiseadvanced kbmt KB3172672 KbMtja
フィードバック