EAC でユーザーを管理するときに「指定した組織単位が見つかりません」エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3173169
現象
スラッシュを含む名前の組織単位 (OU) にユーザーが属している場合は、Exchange 管理センター (EAC) を使用して、そのユーザーを管理できません。ユーザーのプロパティを開こうとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

指定した組織単位を見つけることができません。OU の識別情報を正しく入力したことを確認します。
原因
プロパティ ページがレンダリングされると、バック グラウンドで実行されているコマンドレットは、 Get UserPrincipalNamesSuffixです。このコマンドレットに渡される OU のプロパティは、 Get メールボックスが実行され、ユーザーの OU のプロパティから取得するときに形成されます。

この問題は、usercontains が正しくエスケープのスラッシュの OU のプロパティです。などの場合」[OU/」、OU の名前は、"マイ OU\/"適切にエスケープされたバージョンになります。渡すこと」私の OU\/」にGet UserPrincipalNamesSuffixとは、コマンドレットが正常に動作します。ただし、"自分の OU と」Get UserPrincipalNamesSuffixを代わりに渡されます。この場合、コマンドレットは失敗し、「現象」に記載されているエラー メッセージが返されます。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

回避策 1

影響を受けるユーザー アカウントを管理するのにには、Exchange 管理シェルを使用します。

回避策 2

ユーザーと Microsoft Exchange Server によって使用されるグループを格納する場合、名前にスラッシュが含まれている Ou の使用は避けてください。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3173169 - 最終更新日: 06/27/2016 21:28:00 - リビジョン: 2.0

  • kbmt KB3173169 KbMtja
フィードバック