UIAutomationCore モジュールでは、outlook がクラッシュします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3174003
現象
Microsoft Outlook 2016 または 2013 が断続的にクラッシュします。この場合、アプリケーション ログにイベント ID 1000 の下でクラッシュ シグネチャは次のいずれかのような情報が表示されます。

アプリケーション名: OUTLOOK します。EXE
アプリケーションのバージョン: 15.0.4833.1000
モジュール名: UIAutomationCore.DLL
モジュールのバージョン: 7.0.0.0
オフセット: 00037958
例外コード: c0000005

アプリケーション名: OUTLOOK します。EXE
アプリケーションのバージョン: 16.0.6965.2058
モジュール名: UIAutomationCore.DLL
モジュールのバージョン: 7.0.0.0
オフセット: 0000000000035444
例外コード: c0000005

アプリケーション バージョン、モジュールのバージョンが異なる場合があります。


原因
この問題は、会議出席要求またはキャンセルの受信トレイにアイテムがある場合に発生する可能性があります。


解決方法
この問題を解決するのには、Office のバージョンとインストールの種類に対して、手順を実行します。Office のインストールがクイック実行または MSI ベースかどうかを確認するのには [詳細情報] セクションを参照してください。


Office 2016 年。

インストールをクイック実行に基づいています。
この問題を解決するには、version16.0.7167.2040 またはそれ以降のバージョンでインストールされている Office 2016 クイック実行がいることを確認します。このバージョンまたはそれ以降のバージョンでない場合、2016 の Office インストールを更新します。そのためには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook または Word などの Office アプリケーションを開きます。
  2. [ファイル] をクリックし、 Office アカウント またはアカウントです。
  3. ビュー、バージョン に記載されたOffice 更新プログラムは。
  4. バージョンが 16.0.7167.2040 またはそれ以降のバージョンでない場合は、更新オプション] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。

    注: <b>更新プログラムを無効にしていた、をクリックして更新プログラムを有効にする の更新オプション] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。
Office 365 クライアントの更新チャンネルの詳細については、次の資料を参照してください。Office 365 クライアント用更新プログラムのチャネルのバージョン番号.


MSI ベースのインストール:
この問題を解決するには、theSeptember 13、2016年 2016 の Outlook 更新プログラムをインストールします。この更新プログラムについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

3118293 2016 の Outlook のセキュリティ更新プログラム MS16-107: 説明: 2016 年 9 月 13 日


Office 2013:


インストールをクイック実行に基づいています。
この問題を解決するには、version15.0.4859.1002 またはそれ以降のバージョンでインストールされている Office 2013 のクイック実行がいることを確認します。このバージョンまたはそれ以降のバージョンでない場合は、Office 2013 のインストールを更新します。そのためには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook または Word などの Office アプリケーションを開きます。
  2. [ファイル] をクリックし、 Office アカウント またはアカウントです。
  3. ビュー、バージョン に記載されたOffice 更新プログラムは。
  4. バージョンが at15.0.4859.1002 またはそれ以降のバージョンでない場合の更新オプション] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。

    注: <b>更新プログラムを無効にしていた、をクリックして更新プログラムを有効にする の更新オプション] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。
Office 2013 のクイック実行の詳細については、次の資料を参照してください。 Office 2013 の更新履歴


MSI ベースのインストール:
この問題を解決するには、この更新プログラムについては Outlook 2013.For 2016 年 9 月 13 日更新プログラムをインストール、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックしてください。

3118280 Outlook 2013 のセキュリティ更新プログラム MS16-107: 説明: 2016 年 9 月 13 日


回避策
この問題を解決する「解決方法」セクションに記載されている更新プログラムをインストールできない場合は、次の手順に従って、この問題を回避できます。 します
  1. Outlook を起動します。
  2. どの会議出席依頼がある場合、会議、会議、または新しい日時の提案を辞退を受け入れることによって、受信トレイ内のアイテムのアクションの。
  3. 受信トレイで、会議のキャンセルがある場合は、操作します] をクリックして、の予定表から削除 オプションです。
  4. 将来的に、通常どおり Outlook で作業します。ただし、新しい会議出席依頼やキャンセル、受信トレイに到着した直後に動作します。

    注: <b> Outlook がクラッシュする、次の手順を完了した後に解決しない場合は、会議出席依頼やキャンセル、その他のフォルダーを確認しにそれに応じた動作します。

詳細
Office のインストールは、クイック実行または MSI ベースかどうかを決定するには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook または Word などの Office アプリケーションを起動します。
  2. [ファイル] メニューには、Office のアカウントまたはアカウントをクリックします。
  3. Office クイック実行のインストールに対する更新のオプションの項目が表示されます。MSI ベースのインストール、更新プログラムのオプションの項目は表示されません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3174003 - 最終更新日: 10/06/2016 06:42:00 - リビジョン: 1.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbmt KB3174003 KbMtja
フィードバック