タイマー ジョブに SharePoint 2013 での実行に時間がかかるクエリ候補の準備します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3174023
現象
クエリ候補の準備タイマー ジョブ SharePoint Server 2013 は、実行するには予想以上に時間と大量の tempdb のリソースを消費します。
原因
クエリ候補の準備タイマー jobruns proc_MSS_GetPopularQueriesは、procedureinternally を保存します。これには、拡張性が限られて、基になるテーブルの行の数が多すぎる増加とする結合と集計が含まれています。
解決方法
既定では、SharePoint は、基になるテーブルで 365 日分のデータを保持します。この値は、SharePoint のユーザーの大半の動作する必要があります。ただし、「現象」に記載されている問題が発生している、場合は、適切な値に保存期間を小さくすることを勧めします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. クリーンアップの間隔を変更します。これを行うには、SharePoint 管理シェルを起動し、次の PowerShell コマンドを入力します。

    $ssa = get SPEnterpriseSearchServiceApplication ・ アイデンティティ」の検索サービス アプリケーション」
    $ssa。QueryLogSettings.CleanupDays =<Days></Days>

    注: <b><Days>プレース ホルダーは、保存期間の値として設定する曜日の数を表します。「正しい」の値をここではありません。数が多い場合を起動し、お客様の環境の最適な保存期間が表示されるまでに減らす必要があります。たとえば、270 日、180 日間とし、90 日間でを起動します。適切な保有期間の値を設定することになっていることを確認、運用環境にすぎることを低下させるように影響を与える可能性ランキング、関連性、およびクエリ候補を含む、他の検索機能です</Days>。
  2. クエリ ログ タイマー ジョブを実行するを待ちます。

    クリーンアップ、および、どのテーブルが必要なクエリのログ収集タイマー ジョブのチェックは、24 時間の間に基になるテーブルからレコードを削除するのには内部のストアド プロシージャで実行されます。
詳細
「現象」に記載されている動作は、製品仕様に準拠します。解決方法の手順は実際には、タイマー ジョブのパフォーマンスの問題が発生している場合にのみ、または、データベース ・ サーバは、tempdb の領域が不足、 proc_MSS_GetPopularQueriesストアド プロシージャのため実行している場合に推奨されます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3174023 - 最終更新日: 09/21/2016 02:39:00 - リビジョン: 1.0

  • kbmt KB3174023 KbMtja
フィードバック