AGPM によって、グループ ポリシー オブジェクトのアクセス許可に対する変更は無視されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3174540
現象
高度なグループ ポリシーの管理 (AGPM) では、制御するグループ ポリシー オブジェクトに対するアクセス許可を変更する場合は、最初のチェック アウトは、AGPM でのポリシーと、ポリシー オブジェクトの [セキュリティ] タブのアクセス許可を編集します。たとえば、認証されたユーザーに読み取り専用アクセス許可を追加します。変更を保存するには、し、AGPM のポリシーで確認します。ただし、ポリシーの [セキュリティ] タブを表示するときにするを参照してください、変更内容が保存されません。
原因
これは、AGPM 4.0 Service Pack 3 (SP3) および以前のバージョンの設計によるものです。新しく作成されたグループ ポリシー オブジェクトにアクセス許可を追加するには、ことをお勧めに AGPM では、[運用委任] タブを使用することです。
回避策
この問題を回避するには、AGPM サーバーで、次のレジストリ キーと値を設定します。

Path HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Agpm
設定 OverrideRemovePermissionsWithoutReadAndApply
データ型 文字列 REG_SZ
設定 1

OverrideRemovePermissionsWithoutReadandApplyは、1 に設定されている場合は、AGPM にポリシーがチェックイン後の変更 topermissions が保存されます。

OverrideRemovePermissionsWithoutReadAndApplyが設定されていないまたは 1 以外の値に設定されて、AGPM は、「現象」に記載されている方法で動作します。

重要 このレジストリ キーを設定した後は、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に alsoapply thehotfix 必要があります。

3168628 9 月 2016 の Microsoft デスクトップ最適化パックのリリースを処理します。
詳細
詳細については Microsoft 高度なグループ ポリシーの管理 (AGPM) では、次のリソースを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3174540 - 最終更新日: 10/05/2016 00:07:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Advanced Group Policy Management 4.0 Service Pack 3

  • kbmt KB3174540 KbMtja
フィードバック