0x800423FBL または Windows Server 2012 R2 の 0x80070050 の自動バックアップ エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3175561
概要
Windows Server 2012 R2 のハイパー VM ホスト コンピューター上のゲスト仮想マシン (Vm) をバックアップしようとすると、操作の開始時に以下のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

エラー メッセージ 1

シャドウ コピーを完了するのには、自動バックアップ操作が失敗しました。
//
#define VSS_E_AUTORECOVERY_FAILED ((HRESULT) 0x800423FBL)

エラー メッセージ 2

VMName> チェックポイント操作を開始できませんでした: ファイルが存在します。(0x80070050)。
原因
この問題は、AutoRecovery.avhdx ファイルが正しく含まれていませんが失敗した、または不完全なバックアップのために発生します。
詳細
VM のボリュームのボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) スナップショットは、実行中にバックアップ用のライターは、未解決のトランザクションをフラッシュします。スナップショットは、この情報を使用して作成され、アーカイブに設定し。このスナップショットは、AutoRecovery.avhdx ファイルとして保存されます。ここで、フラッシュのトランザクションとトランザクションのフラッシュの前にから仮想マシンの以前の状態の間でタイムラインに分岐があります。これには、スナップショットおよびスナップショットを作成した後に、スナップショットに加えられた変更が含まれます。

次の差分ディスクとスナップショットの考えることができます。

  • 実行中の VM
  • Autorecovery.avhdx ファイル

Microsoft Virtual Machine Manager (VMM) は、VSS スナップショットがアクティブなときに最初の差分ディスク上で実行する VM を切り替えます。その後、VMM では、スナップショット後の処理を完了し、AutoRecovery.avhdx ファイルを削除するには、AutoRecovery.avhdx ファイルをマウントします。
回避策
この問題を回避するには、削除するか、Autorecovery.avhdx ファイルの名前を変更します。

警告: このメソッドを持つことができます、バックアップ操作が進行中である場合、意図しない結果です。

<b>この資料の文書では、インストールし、問題が引き続き発生するかどうかを決定する別の回避策として、Microsoft HYPER-V サーバー 2016年の技術的なプレビューをテストします。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
サーバー 2016

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3175561 - 最終更新日: 07/21/2016 09:25:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Hyper-V Server 2012 R2

  • kbmt KB3175561 KbMtja
フィードバック