「重要な切断」として Microsoft Azure リカバリ ・ サービスの構成のサーバーでサーバーの状態が表示されるときにエラーを「証明書は有効期限が切れています」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3177198
現象
次のような状況を考えます。
  • Microsoft Azure リカバリ ・ サービスのポータルがあります。
  • 構成サーバー、サーバーの状態として表示されます。 重要な切断.
  • クリックするとエラーの詳細を表示するのには、次のエラー メッセージが表示されます。
    構成サーバー 'サーバー名' 接続されていません。

    可能性があります: 構成サーバーでサービスが実行されていないが必要な 'サーバー名

    アクションをお勧めします。
    確認します。
    1. Microsoft Azure のサイト回復のプロバイダーのサービスが実行されています。
    2. サーバーは、インターネットに接続できます。
    3. サイト回復の Azure への接続に使用されるプロキシ設定に間違いが。
    プロバイダーのバージョンがサーバーで実行されている 4 は、最新の状態です。最新バージョンを入手するには、[プロバイダーのダウンロード] をクリックします。
    5. The certificate used to connect from Azure to the Configuration server is valid.
  • 構成サーバー上に次のようなエラー メッセージが見つかったら、 installation_path\home\svsytems\var\phpdebug.log ファイル:
    日付時刻 (UTC)(UTC)CX: 情報: get_ps_settings: Curl エラー: SSL 証明書の問題: 証明書の有効期限が切れました

このシナリオでは、構成サーバーで SSL 証明書期限切れです。
解決方法
この問題を解決するには、構成サーバーの SSL 証明書を更新するには、この資料の手順に従います。

<b>環境内の gencert.exe ファイルがクラッシュした場合は、ダウンロードして、バイナリが更新された gencert.exe ファイルを置き換えます。

以下の gencert.exe のバイナリ ファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。


手順 1: サーバーの構成のコンピューターを更新します。

  1. CS のコンピューターにログオンします。
  2. 次のサービスを停止します。
    • cxprocessserver
    • tmansvc
    • INMAGE AppScheduler
    • DRA

  3. コマンド プロンプト ウィンドウで、構成サーバーのインストール フォルダーに移動し、[bin] フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    C:\home\svsystems\bin
  4. バイナリ、既存の gencert.exe をバックアップします。バイナリの更新された gencert.exe に置き換えます。
  5. 次のコマンドを入力し、コマンドごとに Enter キーを押します。
    1. gencert.exe - n の cs-i

      gencert.exe - n の cs-i

    2. gencert.exe - n の ps - dh

      gencert.exe - n の ps - dh

    3. genpassphrase.exe – b

      genpassphrase.exe – b

    4. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のフォルダーに移動してencryption.keyファイルの名前を変更します。

      C:\Program files\InMage systems\private
    5. genpassphrase.exe – k

      genpassphrase.exe – k
  6. 実行] ダイアログ ボックスで次のように入力します。 inetmgrオープンでボックスし、[ OK] をクリックします。
    1. [接続] で、ローカル ホスト コンピューターを選択し、サーバー証明書をダブルクリックし、します。

      ) 選択

    2. [サーバー証明書] ページで、最も古いの探索兵の証明書を選択します。

      b) は、[サーバー証明書] ページで、最も古い「偵察」証明書を選択します。

    3. 選択すると、探索兵の証明書を右クリックし、し、[削除] をクリックします。

      「スカウト」の最も古い証明書を右クリックし、[削除] ボタンを選択します。

    4. [接続] で、既定の Web サイトを選択し、[アクション] メニューの [結合] をクリックします。

      「既定の Web サイト」と「バインド」を選択します。

    5. サイト バインド] ダイアログ ボックスで、[編集] をクリックします。

      [サイト バインド] で、[編集] オプションを選択します。

    6. [サイト バインドの編集] ダイアログ ボックスで [選択] をクリックします。

      [サイト バインドの編集」で「選択」ボタンをを選択します
    7. [証明書の選択] ページで、探索兵の証明書を選択し、し、[ OK] をクリックします。



    8. [アクション] メニューの [管理 web サイトで IIS サービスを再起動する再起動ををクリックします。

      IIS サービスを再起動します。

    9. 次のサービスを再起動します。
      • cxprocessserver
      • tmansvc
      • INMAGE AppScheduler
      • DRA

手順 2: プロセスの Servercomputer を更新します。

  1. 構成のサーバーにログオンします。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、構成サーバーのインストール フォルダーに移動 [bin] フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    C:\home\svsystems\bin
  3. 次のコマンドを入力し、プロセス サーバーを更新するために必要なパスフレーズを入手するのには Enter キーを押します。
    • genpassphrase.exe – n

      genpassphrase.exe n
  4. 処理サーバーにログオンします。
  5. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、プロセス サーバーのインストール フォルダーに移動し、bin フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    C:\home\svsystems\bin。
  6. Existinggencert.exe バイナリをバックアップします。バイナリの updatedgencert.exe では、それを置き換えます。
  7. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    • gencert.exe - n の ps - dh

      gencert.exe - n の ps - dh

  8. デスクトップ上にある次のコマンドをダブルクリックします。このコマンドは、 Microsoft Azure サイト回復プロセス サーバー ] ダイアログ ボックスを開きます。構成のサーバーの IP、構成のサーバーのポート番号、および接続のパスフレーズを提供し、し、[保存] をクリックします。
    • cspsconfigtool.exe

      cspsconfigtool.exe

マスター ターゲット (MT) コンピューター (Windows) を更新する手順 3。

  1. 構成のサーバー コンピューターにログオンします。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、構成サーバーのインストール フォルダーに移動[bin ] フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    C:\home\svsystems\bin
  3. マスター ターゲットの Windows コンピューターを更新するために必要なパスフレーズを入手するのには次のコマンドを入力します。
    • genpassphrase.exe – n

      genpassphrase.exe – n
  4. マスター ターゲット コンピューターにログオンします。
  5. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、インストール フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Azure のサイトの回復
  6. Existinggencert.exe バイナリをバックアップします。バイナリの updatedgencert.exe では、それを置き換えます。
  7. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    • gencert.exe - n の ps - dh

      gencert.exe - n の ps - dh
  8. Hostconfigwxcommon.exeファイルをダブルクリックします。このファイルには、ホスト ・ エージェントの構成] ダイアログ ボックスが開きます。[グローバル] タブでは、CS の IP、CS の HTTPS ポート番号、接続のパスフレーズを提供し、し、[ OK] をクリックします。

    hostconfigwxcommon.exe

手順 4: マスター ターゲット (MT) コンピューター (Linux) を更新します。

  1. 構成のサーバー コンピューターにログオンします。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、構成サーバーのインストール フォルダーに移動[bin ] フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    C:\home\svsystems\bin。
  3. マスター ターゲット Linux コンピューターを更新するために必要なパスフレーズを入手するのには次のコマンドを入力します。
    • genpassphrase – n

      genpassphrase – n
  4. マスター ターゲット コンピューターにログオンします。
  5. インストール フォルダーに移動し、 /Vx/binフォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。

    /usr/local/ASR/Vx/bin
  6. バイナリ、既存の gencert.exe をバックアップします。バイナリの更新された gencert.exe に置き換えます。
  7. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    chmod 770/usr/local/ASR/Vx/bin/gencert
  8. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    。/gencert-n ps--dh
  9. 次のコマンドを入力し、 Enterキーを押します。このコマンドは、ホストの構成のインターフェイスダイアログ ボックスを開きます。

    。/hostconfigcli
  10. グローバル] タブのオプション] を開くには、enter キーを押します。構成のサーバーの ip アドレス、構成サーバーの HTTPS ポート番号、および接続のパスフレーズを提供します。
  11. Tab キーを押して、変更内容を更新し、ダイアログ ボックスを閉じます終了] をクリックします。

手順 5: 送信元のコンピューター (Windows) を更新します。

保護されている各 Windows コンピューターでこの手順を実行する必要があります。
  1. 構成のサーバー コンピューターにログオンします。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、構成サーバーのインストール フォルダーに移動[bin ] フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。
    C:\home\svsystems\bin
  3. ソースの Windows コンピューターを更新するために必要なパスフレーズを入手するのには次のコマンドを入力します。

    genpassphrase.exe – n

    genpassphrase.exe – n
  4. 元のコンピューターにログオンします。
  5. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、モバイル サービスのインストール フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。
    C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Azure のサイトの回復
  6. バイナリ、既存の gencert.exe をバックアップします。バイナリの更新された gencert.exe に置き換えます。
  7. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    gencert.exe - n の ps - dh

    gencert.exe - n の ps - dh
  8. Hostconfigwxcommon.exeファイルをダブルクリックします。このファイルには、ホスト ・ エージェントの構成] ダイアログ ボックスが開きます。[グローバル] タブで、構成サーバーの HTTPS ポート番号、接続のパスフレーズ、構成サーバー IP を提供し、し、[OK] をクリックします。

    グローバル] タブ

手順 6: 送信元のコンピューター (Linux) を更新します。

保護されているすべての Linux コンピューターでこの手順を実行する必要があります。
  1. 構成のサーバー コンピューターにログオンします。
  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、構成サーバーのインストール フォルダーに移動[bin ] フォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。
    C:\home\svsystems\bin
  3. ソースの Linux コンピューターを更新するために必要なパスフレーズを入手するのには次のコマンドを入力します。

    genpassphrase – n

    genpassphrase – n
  4. 元のコンピューターにログオンします。
  5. モビリティ サービスのインストール フォルダーに移動し、 /Vx/binフォルダーに移動します。このフォルダーは次のようになります。
    /usr/local/ASR/Vx/bin
  6. バイナリ、既存の gencert.exe をバックアップします。バイナリの更新された gencert.exe に置き換えます。
  7. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    chmod 770/usr/local/ASR/Vx/bin/gencert
  8. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    。/gencert-n ps--dh
  9. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。このコマンドは、ホストの構成のインターフェイスダイアログ ボックスを開きます。

    。/hostconfigcli
  10. グローバル] タブのオプション] を開くには、enter キーを押します。構成のサーバーの ip アドレス、構成サーバーの HTTPS ポート番号、および接続のパスフレーズを提供します。
  11. Tab キーを押して、変更内容を更新し、ダイアログ ボックスを閉じます終了] をクリックします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3177198 - 最終更新日: 08/17/2016 14:09:00 - リビジョン: 1.0

  • kbsurveynew kbhowto kbmt KB3177198 KbMtja
フィードバック