Microsoft Azure 回復用のバックアップの更新プログラムを azure のサービス エージェント: 2016年 8 月

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3177441
概要
この資料では、新機能、改善、および Microsoft Azure 回復サービス (MARS) のエージェントの 2016年 7 月の更新プログラムの Azure のバックアップに適用する修正プログラムについて説明します。MARS のエージェントは、Azure にデータを転送するのには、Microsoft Azure のバックアップと Microsoft Azure サイト回復 (ASR) の両方によって使用されます。

機能と機能強化

Azure のバックアップの更新プログラムには、次の機能と機能強化が含まれます。

オフライン バックアップと最初のシーディング

この更新プログラムには、プロセス データの初期シードの Azure に Azure インポート サービスをより効率的で信頼性の高い重要な機能強化が含まれています。

入力の統合

オフラインのバックアップ ・ ジョブ (たとえば、インポート ジョブの名前、ストレージ アカウントの名前、および構成などの) の中に指定されているユーザーの入力は MARS のエージェントによって統合し、Azure のインポートの基のサービスによって必要なときに自動的に使用します。これにより、ユーザーがオフラインのシード処理の各段階でのような入力値を手動で指定する必要がなくなります保存されます。

新しいディスクの準備ツール

大幅にこの更新プログラムで導入される Azure のディスクの準備ツールでは、バックアップ ・ データが作成されると、ユーザーから必要な入力値の数が減少し、Azure 管理ポータルにインポート ジョブを自動的に作成します。このツールでは、Azure 管理ポータルでのツールによって作成されたインポート ジョブに直接ディスクの送付先情報を更新するユーザーのための柔軟性も提供します。

オンラインで自動バックアップのパフォーマンス

Azure のバックアップには、この更新では、MARS のエージェントによってトリガーされる最初のバックアップ (最初のレプリケーションとも呼ばれます) のワイヤ上の速度が向上します。これは、利用可能なネットワーク帯域幅を効率的に使用によって行われます。により、初期バックアップを高速化します。
この更新プログラムで修正される問題
  • マイクロソフト サポート技術情報の記事で説明したように、オフライン ・ バックアップで発生する問題 3162327
  • 問題が MARS のエージェント ジョブを同時実行を期待どおりに
  • 最適化されていないバックアップを特定のシナリオで発生する問題
  • バックアップ時に仮想ディスク サービス (VDS) が失敗した Windows Server 2008 SP2 のインストールの問題
  • プロセスをバックアップとリカバリの両方に適用されるその他の安定性と信頼性の修正
この更新プログラムの入手方法
この更新プログラムを適用するには、Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンをインストールします。

Microsoft ダウンロード センター

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードAzure のリカバリ ・ サービス ・ エージェントの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

<b>Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンは、2.0.9040.0 です。

マイクロソフトのダウンロード方法の詳細についてはファイルのサポートは、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

システム センター 2012 R2 Data Protection Manager (DPM) を使用する場合に適用します。 更新プログラムのロールアップ 10 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager またはそれ以降のバージョンを後に、Azure のバックアップ ・ エージェントは、この更新プログラムをインストールします。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。 3162327.
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3177441 - 最終更新日: 08/02/2016 17:19:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbsurveynew kbfix atdownload kbexpertiseadvanced kbmt KB3177441 KbMtja
フィードバック