現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS16-099]Microsoft Office のセキュリティ更新プログラム (2016 年 8 月 9 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。脆弱性の詳細は、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-099 を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料には、各製品のバージョンに関連付けられているこのセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムに含まれるセキュリティ関連以外の修正プログラムおよび機能強化

  • 正確な意味を確実に表すようにいくつかの単語が複数の言語に翻訳されました。
  • 正確な意味を確実に表すようにいくつかの単語が複数の言語に翻訳されました。
  • 正確な意味を確実に表すようにいくつかの単語が複数の言語に翻訳されました。
  • OST 破損イベントを追加します。
  • 正確な意味を確実に表すようにいくつかの単語が複数の言語に翻訳されました。
  • Outlook 2016 の Web アドインで設定要件を現在のバージョンに更新します。
  • 次のセキュリティ以外の問題が修正されます。

    • 添付ファイルを再配置、削除、複製、または破損します。
    • オフラインの Outlook 2013 で IRM で保護された電子メール メッセージから添付ファイルをダウンロードしようとするとき、次のエラー メッセージが表示されます。
      申し訳ございません。何らかの問題が発生したため、Information Rights Management で保護されたコンテンツを開けませんでした。ネットワークに到達できません。
      この問題は October 13, 2015, update for Office 2013 (KB3054941) をインストールした後に発生します。
    • 管理者はグループ ポリシーを用いて、Office 2013 アプリケーションでインターネットからダウンロードされたファイル内のすべてのマクロが起動するのをブロックすることができます。この機能は Office 2016 アプリケーションと同じものです。更なる詳しい情報は以下の文献を参照してください:
    • Word 2013 で封筒サイズの文書を横方向で印刷しようとすると、印刷がブロックされ、またその文書はスプーラー ファイル内のレター ページ サイズとして設定されます。
    • Word 2013 では変更履歴バーが正しい場所に表示されない場合があります。
    • エクスプローラーのプレビュー ウィンドウで Word 文書をプレビューしたとします。この間に Word 2013 のコメントを含む文書を印刷しようとしても、コメントは印刷されません。
    • Word 2013 でいくつかの改訂を実装するためにマクロを実行するには長い時間がかかります。
    • Word 2010 上でビルトインの RtlRun マクロを使用して本文を右から左の形式で作成し、この本文はラテン文字を含んでいるとします。Word 2013 でこの文書を開くと、本文は順番が逆に表示されます。たとえば "Text" が "txeT" のように表示されます。
    • Outlook 2013 でプログラムによって送信された電子メールの受信者はユーザー ニックネーム キャッシュには追加されません。したがって、手動で別の電子メールを同じ相手に送ろうとした場合、これらの受信者の名前は推奨候補として挙げられません。この更新プログラムは電子メールがプログラムによって送信された場合に受信者をニックネーム キャッシュに追加する機能を有効化できるようにします。詳細につきましては、KB3115397 をご覧ください。
    • Outlook 2013 で Outlook テンプレート (.oft) をオンライン モードで使用して電子メールを作成した場合、ドイツ語やフランス語の拡張文字が正しく表示されず、文字化けした文字が表示されます。
    • Outlook 2013 で、電子メール メッセージに埋め込みハイパーリンクを持つ mailto リンクを貼り付けると、ハイパーリンクがクリックできません。
    • フォルダー (C) をサブフォルダーがある他のフォルダー (A, B) の間にドラッグ アンド ドロップすると、フォルダー C がフォルダー A と同じレベルで A と B の間に配置されるのではなく A のサブフォルダーとして配置されます。
    • Outlook 2013 でタスクを完了済みとしてマークしようとすると次のエラー メッセージが表示されます。
      送信者を指定する必要があります。名前を少なくとも 1 つ入力していることを確認してください。
      この問題は December 8, 2015, update for Outlook 2013 (KB3114349) をインストールした後に起こります。
    • 電子メールを送信した後に送信トレイ フォルダーに電子メールが残った状態で Outlook 2013 がクラッシュした場合、その電子メール メッセージは消失し見つかりません。
    • 初期ログオンに失敗した後、その後のリトライが次のメッセージを誤って表示する場合があります。
      Microsoft Exchange 管理者によって変更が行われました。Outlook を終了させてから再起動してください。

    • Outlook 2013 が起動中に既存の Outlook 2013 プロフィールに別の Exchange アカウントを追加し、異なる同期スライダーの設定を選択したとします。Outlook 2013 を再起動した後、新しいアカウントの同期スライダーの設定は初期設定にリセットされます。
    • Outlook 2013 内のお気に入りリストからフォルダーが消える場合があります。この問題は、DisableCrossAccountCopy ポリシーを実装した場合に発生します。
    • MAPI over HTTP 転送プロトコルでいくつかの Exchange トポロジが無効化されると、いくつかのオンライン アーカイブ メールボックスが Outlook 2013 上で開けなくなります。
    • ADAL 認証が許可された環境では、Outlook 2013 プロフィールをコントロール パネル内で作成することはできません。
    • [プレゼンテーション設定] ダイアログ ボックス内の [プレゼンテーション中] オプションを有効にすると、Outlook 2013 は認証できなくなり、[パスワードの入力が必要です] の状態になります。
    • Outlook 2013 クリック実行でインストールしている場合、メールをコントロール パネルで開くことはできません。
    • Project の .mpp ファイルが SharePoint ドキュメント ライブラリにあるとします。ファイル名をクリックすると、プロジェクトは開きますが編集やチェックアウトを許可するバナーが表示されません。その代わりに、プロジェクトが読み取り専用のままの状態で、変更の保存やチェックインができません。
    • リンクされた画像が含まれる電子メール メッセージを返信または転送しようとすると、画像が表示される前に Outlook 2016 がフリーズします。
    • Outlook 2016 内の自動検出の最中にいくつかの不要なネットワーク トラフィックが発生します。
    • Outlook 2016 でタスクを完了済みとしてマークしようとすると次のエラー メッセージが表示されます。
      送信者を指定する必要があります。名前を少なくとも 1 つ入力していることを確認してください。

    • Outlook 2016 内で IMAP プロフィールを設定する際に .prf ファイルを使用した場合、認証ダイアログ ボックスが表示されません。そのため、電子メールが同期されず電子メールを送信できません。
    • Outlook 2016 で、電子メール メッセージに埋め込みハイパーリンクを持つ mailto リンクを貼り付けると、ハイパーリンクがクリックできません。
    • Outlook 2016 で Outlook テンプレート (.oft) をオンライン モードで使用して電子メールを作成した場合、ドイツ語やフランス語の拡張文字が正しく表示されず、文字化けした文字が表示されます。
    • 64 ビット版の Outlook 2016 でデジタル署名がなされた電子メールを送信すると、次のエラー メッセージが表示されます:
      予期しないエラーのために要求された処理に失敗しました。

    • オンライン アーカイブと Exchange Server 2010 内の異なるサイトの共有メールボックスを接続するのに Outlook 2016 を使用できません。
    • キャッシュ モード グループ ポリシー オブジェクト (GPO) がキャッシュ モードをアカウントに対して強制しても、キャッシュされたアカウントはオンライン データ ファイルの場所を表示し続けます。
    • Outlook 2016 が起動中に既存の Outlook 2016 プロフィールに別の Exchange アカウントを追加し、異なる同期スライダーの設定を選択したとします。Outlook 2016 を再起動した後、新しいアカウントの同期スライダーの設定は初期設定にリセットされます。
    • 電子メールを送信した後に送信トレイ フォルダーに電子メールが残った状態で Outlook 2016 がクラッシュした場合、その電子メール メッセージは消失し見つかりません。
    • [プレゼンテーション設定] ダイアログ ボックス内の [プレゼンテーション中] オプションを有効化すると、Outlook 2016 は認証できなくなり、[パスワードの入力が必要です] の状態になります。
    • Word 2016 内で同一マクロ名で異なる VBProject 名の 2 つの文書を開いた場合、MacroButton フィールドが動作を停止します。
    • Word 2016 内で線の太さが異なる基本的な線形のある文書を PDF か XPS ファイルに変換すると、基本的な線形が同一の太さで表示されます。
    • リンクされた画像が含まれる電子メール メッセージを返信または転送しようとすると、画像が表示される前に Outlook 2016 がフリーズします。
    • Word 2016 でいくつかの改訂を実装するためにマクロを実行するには長い時間がかかります。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Microsoft Office 2007 (すべてのエディション) およびその他のソフトウェア

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Office 2007 Service Pack 3:
convloc2007-kb3114442-fullfile-x86-glb.exe
mso2007-kb3114893-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Word 2007 Service Pack 3:
word2007-kb3115465-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft OneNote 2007 Service Pack 3:
onenote2007-kb3114456-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Word Viewer:
office-kb3115479-fullfile-enu.exe
office-kb3115480-fullfile-enu.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 をご覧ください。
再起動の必要性この更新プログラムでは、システムの再起動が不要な場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる理由の詳細は、マイクロソフト サポート技術情報 887012 をご覧ください。
削除情報コントロール パネル[プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3114442 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3114893 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115465 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3114456 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115479 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115480 をご覧ください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット版):
convloc2010-kb3114400-fullfile-x86-glb.exe
mso2010-kb3114869-fullfile-x86-glb.exe
kb24286772010-kb3115468-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット版)
convloc2010-kb3114400-fullfile-x64-glb.exe
mso2010-kb3114869-fullfile-x64-glb.exe
kb24286772010-kb3115468-fullfile-x64-glb.exe
For Microsoft OneNote 2010 Service Pack 2 (32ビット版):
onenoteloc2010-kb3114885-fullfile-x86-glb.exe
For Microsoft OneNote 2010 Service Pack 2 (64ビット版):
onenoteloc2010-kb3114885-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft Word 2010 Service Pack 2 (32 ビット版):
word2010-kb3115471-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Word 2010 Service Pack 2 (64 ビット版)
word2010-kb3115471-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 をご覧ください。
再起動の必要性 この更新プログラムでは、システムの再起動が不要な場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる理由の詳細は、マイクロソフト サポート技術情報 887012 をご覧ください。
削除情報コントロール パネル[プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3114400 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3114869 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115468 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3114885 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115471 をご覧ください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2013 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (32 ビット版)
conv2013-kb3114340-fullfile-x86-glb.exe
mso2013-kb3115427-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (64 ビット版)
conv2013-kb3114340-fullfile-x64-glb.exe
mso2013-kb3115427-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft OneNote 2013 Service Pack 1 (32 ビット版)
onenote2013-kb3115256-fullfile-x86-glb.exe
For Microsoft OneNote 2013Service Pack 1 (64ビット版)
onenote2013-kb3115256-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft Word 2013 Service Pack 1 (32 ビット版):
word2013-kb3115449-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Word 2013 Service Pack 1 (64 ビット版)
word2013-kb3115449-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 をご覧ください。
再起動の必要性この更新プログラムでは、システムの再起動が不要な場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる理由の詳細は、マイクロソフト サポート技術情報 887012 をご覧ください。
削除情報コントロール パネル[プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3114340 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115427 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115256 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115449 をご覧ください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2013 RT (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
展開Microsoft Office 2013 RT およびコンポーネント用の更新プログラム 3114340、3115427、3115256、および 3115449 は Windows Update を通じて入手可能です。
再起動の必要性この更新プログラムでは、システムの再起動が不要な場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる理由の詳細は、マイクロソフト サポート技術情報 887012 をご覧ください。
削除情報[コントロール パネル][システムとセキュリティ][Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3114340 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115427 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115256 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115449 をご覧ください。

Microsoft Office 2016 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Office 2016用 (32ビット版)
mso2016-kb3115415-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Office 2016用 (64ビット版)
mso2016-kb3115415-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft OneNote 2016用(32ビット版)
onenote2016-kb3115419-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft OneNote 2016 用(64ビット版)
onenote2016-kb3115419-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft Word 2016 (32 ビット版):
word2016-kb3115439-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Word 2016 (64 ビット版):
word2016-kb3115439-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 をご覧ください。
再起動の必要性この更新プログラムでは、システムの再起動が不要な場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる理由の詳細は、マイクロソフト サポート技術情報 887012 をご覧ください。
削除情報コントロール パネル[プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3115415 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115419 をご覧ください。
マイクロソフト サポート技術情報 3115439 をご覧ください。
レジストリ キーの確認対象外

Office for Mac 2011

必要条件

  • Mac OS X バージョン 10.5.8 もしくはそれ以降のIntelプロセッサーのバージョン
  • Mac OS X ユーザーアカウントはこのセキュリティ更新プログラムをインストールするために管理者権限を持っていなければなりません。
更新プログラムのインストール

Mac 2011 14.6.7 更新プログラム対応のMicrosoft Officeの適切な言語のバージョンのダウンロードおよびインストールは Microsoft ダウンロードセンターから行ってください。

  1. インストールの妨げになる可能性があるため、ウイルス対策アプリケーションおよびすべてのマイクロソフトの Office アプリケーションなど、すべてのアプリケーションを閉じてください。 
  2. Microsoft Office for Mac 2011 14.6.7 を開いてください。デスクトップのボリュームを更新してください。この手順は、既に実行されている場合があります。
  3. 更新プロセスを開始するには、Microsoft Office for Mac 2011 14.6.7 の「更新プログラム ボリューム ウィンドウ」、Microsoft Office for Mac 2011の 「更新プログラム アプリケーション」をダブルクリックして、画面の指示に従ってください。 
  4. インストールが正常に終了すると、ハード ディスクから更新プログラムのインストーラーを削除することができます。インストールが正常に終了したことを確認するには、更新プログラムが正しくインストールされたかどうか確認する方法を参照してください。更新プログラムのインストーラーを削除するためには、まず Microsoft Office for Mac 2011 14.6.7 「更新プログラム ボリューム」を [ゴミ箱] にドラッグし、次にダウンロードしたファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。 
更新プログラムが正しくインストールされたかどうかを確認する方法

影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムがインストールされているかどうかを確認するには、次の手順を実行します:

  1. ファインダーアプリケーションフォルダーに移動します (Microsoft Office 2011)。
  2. WordExcel PowerPoint または Outlook を選択して、アプリケーションを起動します。 
  3. アプリケーションのメニューで、[Application_Nameについて](Application_Name は、WordExcel、PowerPoint または Outlook です)をクリックします。
「最新の更新プログラムのバージョン」番号が14.6.7であれば、この更新プログラムは正常にインストールされています。

再起動の必要性

この更新プログラムをインストールする際にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの削除について

このセキュリティ更新プログラムはアンインストールすることはできません。

追加情報

技術的な質問やこの更新プログラムのダウンロードおよび使用に関する問題が発生した場合は MacのためのMicrosoft サポートの利用可能なサポートオプションを参照してください。

マック対応のMicrosoft Office 2016

必要条件

  • Intel のプロセッサの Mac OS X Yosemite 10.10 またはそれ以降のバージョン。
  • 有効な Microsoft Office 365 サブスクリプション
更新プログラムのインストール

KB3179163 からMicrosoft Office for Mac 15.25.0 更新プログラムの適切な言語バージョンをダウンロードし、インストールします。

  1. インストールの妨げになる可能性があるため、ウイルス対策アプリケーションおよびすべてのマイクロソフトの Office アプリケーションなど、すべてのアプリケーションを閉じてください。 
  2. デスクトップのMicrosoft Office for Mac 15.25.0 アップデート ボリュームを開きます。この手順は、既に実行されている場合があります。 
  3. 更新プロセスを開始するには、「Microsoft Office for Mac 15.25.0 更新プログラム ボリューム」のウィンドウで、「Microsoft Office for Mac 15.25.0アップデートアプリケーション」をダブルクリックして、画面の指示に従ってください。 
  4. インストールが正常に終了すると、ハード ディスクから更新プログラムのインストーラーを削除することができます。インストールが正常に終了したことを確認するには、更新プログラムが正しくインストールされたかどうか確認する方法を参照してください。更新プログラムのインストーラーを削除するためには、まず「 Microsoft Office for Mac 15.25.0. 更新プログラム ボリューム」を [ゴミ箱] にドラッグし、次にダウンロードしたファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。 
更新プログラムが正しくインストールされたかどうかを確認する方法

影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムがインストールされているかどうかを確認するには、次の手順を実行します:

  1. ファインダーアプリケーションフォルダーに移動します (Microsoft Office 2016)。
  2. WordExcel PowerPoint または Outlook を選択して、アプリケーションを起動します。 
  3. アプリケーションのメニューで、[Application_Nameについて](Application_Name は、WordExcel、PowerPoint または Outlook です)をクリックします。
「最新の更新プログラムのバージョン」番号が15.25.0であれば、この更新プログラムは正常にインストールされています。

再起動の必要性

この更新プログラムをインストールする際にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの削除について

このセキュリティ更新プログラムはアンインストールすることはできません。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション: TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
プロパティ

文書番号:3177451 - 最終更新日: 09/05/2016 10:50:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Office Home and Business 2016, Microsoft Office Home and Student 2016, Microsoft Office Personal 2016, Microsoft Office Professional 2016, Microsoft Office Professional Plus 2016, Microsoft Office Standard 2016, OneNote 2016, Outlook 2016, Word 2016, Microsoft Office 2013 Service Pack 1, Microsoft OneNote 2013, Microsoft Word 2013, Microsoft Office 2010 Service Pack 2, Microsoft OneNote 2010, Microsoft Word 2010, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3, Microsoft Office OneNote 2007, Microsoft Office OneNote 2007 (Home and Student version), Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Word 2007, Microsoft Office Word 2007 (Home and Student version), Word Viewer, Microsoft Office 2016 for Mac, Microsoft Office for Mac Academic 2011, Microsoft Office for Mac Home and Business 2011, Microsoft Office for Mac Home and Business 2011 Home Use Program, Microsoft Office for Mac Home and Student 2011, Microsoft Office for Mac 2011 Standard Edition

  • kbexpertiseinter kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kblist kbfix kbsurveynew KB3177451
フィードバック