現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

DBCC CLONEDATABASE を使用して SQL Server 2014 SP2 のユーザー データベースのスキーマとの統計情報のみコピーを生成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3177838
概要
この更新プログラムで新しい管理コマンドDBCC CLONEDATABASE (Transact SQL) を導入します。 Microsoft SQL Server 2014年サービス パック 2.このコマンドは、スキーマのすべてのオブジェクトと指定したソース データベースからの統計情報を含む新しいデータベースを作成します。

SQL Server のサービス パックについて
サービス パックは累積されます。各新しいサービス パックには、すべての新しい修正プログラムと共に、以前の service pack に含まれるすべての修正プログラムが含まれています。推奨では、最新の service pack と service pack の最新バージョンの累積的な更新を適用します。最新の service pack をインストールする前に、以前の service pack をインストールする必要はありません。最新の累積的な更新と service pack の詳細についてを検索するには、次の資料の表 1 を使用します。

DBCC CLONEDATABASE について
マイクロソフト カスタマー サポート サービスのクエリ オプティマイザーに関連するパフォーマンスの問題を調査するためにDBCC CLONEDATABASEを使用してデータベースのクローンを生成することでしょう。

<b>DBCC CLONEDATABASEから生成され、新しく生成されたデータベースは、運用データベースとして使用するのにはサポートされていませんし、トラブルシューティングおよび診断の目的は、主にします。データベースを作成した後、クローンとして作成されたデータベースをデタッチすることをお勧めします。

ソース データベースのクローン作成は、次の操作によって実行されます。
  • Model データベースとソースが既定のファイルのサイズと同じファイルのレイアウトを使用する新しいレプリケーション先データベースを作成します。
  • ソース データベースの内部のスナップショットを作成します。
  • システム メタデータをソースから出力先データベースにコピーします。
  • ソースからすべてのオブジェクトのすべてのスキーマを転送先のデータベースにコピーします。
  • ソースから転送先のデータベースのすべてのインデックスの統計情報をコピーします。
構文
DBCC CLONEDATABASE (source_database_name, target_database_name)
引数
  • source_database_name

    この引数は、スキーマと統計情報をコピーする必要があるデータベースの名前です。
  • target_database_name

    この引数は、スキーマと変換元データベースからの統計情報がコピーされるデータベースの名前です。によってこのデータベースが作成されます。 DBCC CLONEDATABASE 既に存在する必要があります。
DBCC CLONEDATABASE を使用する場合でしょうか。
クエリ パフォーマンスの問題を調査するためには、専用のコピーを運用データベースのスキーマおよび統計情報を作成するのにはDBCC CLONEDATABASEを使用してください。次の制限事項とサポートされているオブジェクトの対応になります。
  • 制限

    DBCC CLONEDATABASEでは、次の検証が実行されます。検証が失敗した場合、コマンドが失敗します。
    • ソース データベースは、ユーザー データベースである必要があります。(マスター、モデル、msdb、tempdb、ディストリビューション データベースなど)、システム データベースのクローン作成が許可されていません。
    • ソース データベースは、オンラインまたは読み取り可能にする必要があります。
    • クローン ・ データベースと同じ名前を使用するデータベースが既に存在しない必要があります。
    • ユーザー トランザクション内でコマンドがありません。


    すべての検証が失敗した場合は、 DBCC CLONEDATABASEは次の操作を実行します。
    • プライマリ データ ファイルとログ ファイルを作成します。
    • 第 2 の dataspaces を追加します。
    • セカンダリ ファイルを追加します。

    <b>ターゲット ・ データベース内のすべてのファイルは model データベースのサイズと拡張の設定を継承します。ファイル名の規則: 転送先のデータベースのファイル名はsource_file_name _underscore_random の数の規則に従ってが。保存先フォルダーに生成されたファイル名が既に存在する場合は、 DBCC CLONEDATABASEは失敗します。
  • 内部データベース スナップショット

    DBCC CLONEDATABASEは、コピーを実行するために必要なトランザクションの一貫性を保つのため、内部データベース スナップショットのソース データベースを使用します。これは、これらのコマンドを実行すると、ブロックと同時実行の問題を防ぎます。スナップショットを作成できない場合は、 DBCC CLONEDATABASEは失敗します。

    データベース レベル ロックは、中に次のコピー ・ プロセスの手順を実行します。
    • ソース データベースを検証します。
    • ソース データベースの S ロックを取得します。
    • ソース データベースのスナップショットを作成します。
    • (これは、空のデータベース モデルを継承する) データベースのクローンを作成します。
    • クローン ・ データベースのロックをすると X
    • クローン ・ データベースにメタデータをコピーします。
    • DB のすべてのロックを解除します。

    コマンドの実行が終了するとすぐには、内部のスナップショットが削除されます。TRUSTWORTHYDB_CHAININGのオプションは、クローンとして作成されたデータベース上で電源が切れます。
サポートされているオブジェクト
出力先データベースには、次のオブジェクトのスキーマだけがコピーされます。次のセクションにも記載されていないすべてのオブジェクトはコピーされません。
  • アプリケーション ロール
  • 可用性グループ
  • COLUMNSTORE インデックス
  • CDB
  • CDC
  • データベースのプロパティ
  • DEFAULT を DEFAULT に変更します。
  • ファイルとファイル グループ
  • 関数
  • インデックス
  • ログイン
  • パーティション関数
  • パーティション構成
  • 手順
    注: <b> T SQL プロシージャの場合のみです。ネイティブにコンパイル済みストアド プロシージャや CLR プロシージャはコピーされません。
  • ロール
  • ルール
  • スキーマ
  • シーケンス
  • 空間インデックス
  • 統計情報
  • シノニム
  • テーブル
    注: <b> ユーザーと filestream テーブルのみがコピーされます。メモリが最適化されたテーブルとファイルのテーブルはコピーされません。
  • トリガー
  • タイプ
  • DB のアップグレード
  • ユーザー
  • ビュー
  • XML インデックス
  • XML スキーマ コレクション

アクセス許可
Sysadmin固定サーバー ロールのメンバーシップを持っている必要があります。
エラー ログ メッセージ
クローン作成プロセス中に次のメッセージがエラー ログに記録されます。

タイムスタンプ> spid53 ターゲットとして 'sourcedb_clone' と 'sourcedb' の開始のデータベースのクローン作成されます。

タイムスタンプ> spid53 データベース 'sourcedb_clone' を起動します。

タイムスタンプ> spid53 設定データベース ・ オプションをオフに TRUSTWORTHY データベース 'sourcedb_clone' のです。

タイムスタンプ> データベース 'sourcedb_clone' の設定データベース オプションをオフに DB_CHAINING spid53。

タイムスタンプ> spid53 データベース 'sourcedb_clone' を起動します。

タイムスタンプ> spid53 データベース 'sourcedb_clone' は、クローンとして作成されたデータベースです。クローンとして作成されたデータベースは診断用にのみ使用する必要があり、本番環境での使用はサポートされていません。

タイムスタンプ> spid53 終了 'sourcedb' のデータベースのクローン作成されます。クローンのデータベースは、'sourcedb_clone' です。
データベース ・ プロパティ
IsClone新しいデータベース ・ プロパティが追加されます。DATABASEPROPERTYEX ('dbname'、'IsClone')は、DBCC CLONEDATABASEを使用してデータベースが生成される場合に1を返します。
例を AdventureWorks データベースのクローンを作成します。
AdventureWorksデータベースに対してDBCC CLONEDATABSEを実行する例を次にします。

Transact-SQL -- Generate the clone of AdventureWorks database.    DBCC CLONEDATABASE (AdventureWorks, AdventureWorks_Clone);    GO   

関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3177838 - 最終更新日: 07/12/2016 03:36:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3177838 KbMtja
フィードバック