SQL Server では「回復できない I/O エラー 3271」の URL へのバックアップが失敗した場合します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3177997
現象
しようとする、Azure ベースの SQL Server 仮想マシン (IaaS) でデータベースをバックアップ URL コマンドをデータベースのバックアップを使用しています。ただし、次のエラーで失敗します。

メッセージ 3271、レベル 16、状態 1、行 7
ファイルの回復不可能な入出力エラーが発生しました」
https://sqlbakurl.blob.core.windows.net/backupcontainer/demodb.bak:「URL へのバックアップ、例外を受信しました。
リモートのエンドポイントです。例外メッセージ: リモート サーバーがエラーを返しました: (400) 不正な要求です。
メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 7
データベースのバックアップは、異常終了しました。

原因
この問題は、 Blobへのアカウントの種類] の設定をバックアップしようとしているストレージ ・ アカウントが作成された場合に発生します。アカウントの種類の設定は、一般的な目的で必要があります。

ストレージ アカウントの一般的な用途
解決方法
この問題を解決するには、新しいストレージ アカウントを作成し、アカウントの種類の設定の一般的な用途を指定します。また、URL へのバックアップには、このストレージ アカウントのコンテナーを指定します。
詳細
ページ blob ファイルのサポートを提供このアカウントの種類は、一般的な用途に設定されている場合。SQL Server バックアップでは、ページ blob を使用して、Blob の種類として。詳細については「 Windows Azure Blob ストレージ サービスで SQL Server のバックアップ/リストア.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3177997 - 最終更新日: 08/11/2016 17:10:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise

  • kbmt KB3177997 KbMtja
フィードバック