[BUG] 多機能 PC カード用の互換性のあるドライバが見つからない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP318214
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
システムが提供する親 .inf ファイル (Mf.inf)、または子機能に対するオーバーライド構成を持たないその他の互換 .inf ファイルを使用して、PCMCIA 多機能規格を完全実装した多機能 PC カードをインストールすると、子機能に関する次のエラー メッセージが表示されることがあります。
このデバイスと互換性のあるドライバがありません。
その結果、ドライバはインストールされません。
解決方法
この問題を回避して多機能カードをインストールするには、オーバーライド構成を持つ親 .inf ファイルを使用します。このオーバーライド構成には、ハードウェア ID や I/O リソース マップなど、子機能に関する情報を定義するレジストリ エントリが必要です。

詳細については、MSDN Web サイトで以下の Windows DDK トピックを参照してください。

状況
マイクロソフトでは、この問題を PCMCIA.sys モジュールの問題として認識しています。
詳細
この現象は以下のように発生します。
  • まず、PnP マネージャが、子デバイスのハードウェアおよび互換 ID を取得するために、IRP_MN_QUERY_ID を多機能ドライバ (Mf.sys) に送信します。
  • Mf.sys は PCMCIA から ID を取得し、PnP マネージャに返します。
  • ドライバの一致を検出するため、PnP マネージャはデバイスのハードウェアおよび互換性 ID (PCMCIA によって生成されます) を、システムの .inf ファイルに記載されているハードウェアおよび互換性 ID と比較し、デバイスと互換性のあるドライバの一覧を作成します。正しい ID 生成時の問題により、一致するものが検出されず、互換性のあるドライバの一覧は空になります。
  • 最後に、一覧から最適な互換性のあるドライバを選択するときに、PnP マネージャは "このデバイスと互換性のあるドライバがありません" というメッセージを表示します。
関連情報
なお、この資料は英語版の翻訳であり、日本語環境での確認は行っておりません。
kbBaseOS
プロパティ

文書番号:318214 - 最終更新日: 02/24/2014 15:42:07 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Win32 Device Driver Kit for Windows 2000
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbkmode kboswin2000fix kbplugplay kbwdm kbwinxpsp1fix KB318214
フィードバック