SharePoint 2016 の機械翻訳は、Windows フォント キャッシュによって異なります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3183858
現象
SharePoint の翻訳サービスを使用して Microsoft Word 文書を変換しようとすると、操作は失敗します。さらに、SharePoint ULS のログに次のようなエラー エントリが書き込まれます。

SharePoint の翻訳サービスの翻訳 agqp1 高 TranslationSyncProcessor.Translate: バイナリに変換できませんでした。(タイトル: Url:/zh-cn/Documents/7-5-2016 テスト ・ マシン ・ translation.docx、Id: 4 エラー: システムでは、断続的なエラーのためファイルを変換できませんでした。変換するには、このファイルを再送信してください。ファイルは、このエラー メッセージが再度失敗した場合、システム管理者に問い合わせて。)
原因
この問題は、Windows フォント キャッシュ サービス (FontCache) が無効になっている場合に発生します。SharePoint サーバーの 2016年には、SharePoint の翻訳サービスの機能には、theWindows フォント キャッシュ サービスが必要です。SharePoint の以前のバージョンでは、このような依存関係はありません。
解決方法
この問題を解決するには、Windows のフォント キャッシュ サービスを有効にして[自動] に、[スタートアップの種類] オプションを設定します。コマンド プロンプトであるのか、管理者としてログインし、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

sc config FontCache start=auto group=AudioGroup


net start FontCache
詳細については、 Windows では、C - DirectWrite および最新の C++ を使用するフォントを表示.
断続的な変換エラーです。SharePoint 2016

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3183858 - 最終更新日: 09/15/2016 16:53:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SharePoint Server 2013

  • kbmt KB3183858 KbMtja
フィードバック