システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1606年のバージョンでの変更の概要

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3184080
概要
システム センター構成マネージャーの現在の分岐の 1606年のリリース バージョンには、問題を回避して、機能の向上を目的とした多くの変更が含まれています。「問題を修正する」リストがすべて変更を含めた代わりにキャプチャどのような製品開発チームと確信しています、幅広い顧客ベースに最も関係があります。顧客からのフィードバックの結果は、多くのこれらの変更製品の問題 アイデア 製品の改良.1606 のバージョンは、階層の最上位のサイトにインストールされているコンソールの更新プログラムとして使用できます。詳細については、 更新 1606年のシステム センター構成マネージャーをインストールするためのチェックリスト.

修正される問題

管理者コンソール



  • 使用すると予期せず終了可能性があります管理者コンソール、 グループ化列の順序を変更し、現在のビューを更新するにはオプションです。
  • 持つユーザー、 構成マネージャーのレポートのユーザー ロールが割り当てられているをクリックしたとき次のエラー メッセージが表示されます、 購読 SQL Reporting Services レポートのページにリンクします。
    このページにアクセスする権限がありません。

  • Windows 10 は、構成マネージャーの現在の分岐へのアップグレード後パッケージとタスク シーケンスの必要条件でのクライアント ・ プラットフォームとして選択されていません。この更新プログラム 1606年のバージョンにアップグレードするときにこの問題を防ぐことが、Windows 10 のしないを選択し直してプラットフォームとしていずれかの以前の影響を受けるパッケージまたはタスク シーケンスにします。
  • 情報が報告される、 準拠の状態, クライアントのバージョン、、 最後の詳細メッセージ管理者コンソールで [デバイスのコンプライアンスのビューの値は、一貫性がありません。たとえば、クライアントもマークすることも準拠として別のバージョンでは、1 つの値を報告するときクライアントのバージョン で異なる値 最後の詳細メッセージ.
  • クライアントのインストール処理の誤った値が記録されている、 コンプライアンスの最後のエラーデバイスの資産と法令遵守のレポートの列です。たとえば、ファイルの表示のダウンロードの失敗を示す状態メッセージコンプライアンスの最後のエラー「成功」の値これによりコンプライアンスの正確な状態をレポートします。
  • 運用環境および運用前のクライアント展開ノード管理者コンソールのスコープには、組み込みのセキュリティ ロールのアクセス許可を持つ管理ユーザーによって表示される次のようなエラーを生成します。
    SMS プロバイダーは、エラーを報告しました。
    Microsoft.ConfigurationManagement.ManagementProvider.SmsException
    WQL クエリでエラーがあります
    これは、管理されていない制限ユーザーが同じ情報を表示するときに発生しません。
  • 速度の制限 列が正しく表示されません。 [はい] 配布ポイント、管理コンソールで、表示されるときでも、レート制限なし設定します。
  • ワイプし、不適切なダイアログ ボックスから [構成マネージャー管理者コンソールに表示されるアップルのライセンス認証のロックを Android モバイル デバイスの Windows を破棄するためのオプションを選択します。
  • 管理者コンソールは、別のルールを作成または、コンプライアンス ・ ポリシーを編集するときの間で切り替えるときが突然終了可能性があります。コンソールでは、次のエラー メッセージが表示されます。
    このコントロールが検証コントロールに既に追加されて

ソフトウェアの配布とコンテンツの管理



  • 構成マネージャーの現在の分岐にアップグレードした後、作成、削除、またはアプリケーションを変更するときに期待どおりに 30152、監査のステータス メッセージは生成されません。
  • ソフトウェア中心のアプリケーションの詳細ペインでは、エラー状態ではなく「インストール」状態が正しく示しています。この問題は、ユーザーは、別のインストールの実行中に手動でアプリケーションのインストールを開始するときに発生します。
  • データをドリル ダウンします ソフトウェアのすべてのインスタンスの数は、プログラムの追加と削除に登録されています。 オプションでは、バージョンに関係なく一緒の製品が正しく一覧表示します。
  • 場合は問題のある状態で 1 つの配布ポイントは、すべてのコンテンツ配信が停止します。などの場合、 IIS 管理サービス(inetinfo.exe) に 1 つの配布ポイントの分岐は、オンラインに復帰するには問題のある配布ポイントの他のすべての配布ポイントを待機します。次のようなメッセージのパターンは、約 2 分ごとに繰り返し、サイト サーバー上の distmgr.log ファイルに記録されます。
    1 DP アクティブなスレッド パッケージ ABC00139 の完了を待っています。SMS_DISTRIBUTION_MANAGER 12608 (0X3140)
    1 DP アクティブなスレッド パッケージ PRI00290 の完了を待っています。SMS_DISTRIBUTION_MANAGER 14128 (0X3730)
    1 DP アクティブなスレッド パッケージ ABC0013B の完了を待っています。SMS_DISTRIBUTION_MANAGER 8348 (0X209C)
    2 DP アクティブなスレッド パッケージ ABC000C4 の完了を待っています。

  • 場合、 コンテンツ ライブラリの構成マネージャー(SCCMContentLib) にまたがる複数のドライブとそれらのドライブのいずれかのフル、コンテンツの配信が失敗する可能性があります。Distmgr.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。
    ~ D ドライブを圧縮されたパッケージを保存するために使用します。
    CContentBundle::AddContentDefinitionItems が失敗しました。0x80070003
    CDistributionManager::AddContentToBundle が失敗しました。0x80070003
    CDistributionManager::CreatePackageBundle が失敗しました。0x80070003
    ~ ABC000A2 PRI のサイトへのパッケージのコピーを送信するパッケージ ・ バンドルを作成するにエラーが発生しました。
    STATMSG: ID = 2333 SEV かレフを = = M ソース = [SMS サーバー] COMP ="SMS_DISTRIBUTION_MANAGER"

  • + を使用して、大規模な (600) のソフトウェア更新プログラム パッケージを再配布する更新の数により、SMS Agent Host (ccmexec.exe) サービスが応答を停止するのにはプルの配布ポイントにします。
  • 配布ポイントのプライマリ ドライブに十分な空き領域がある場合、ソフトウェア配布のコンテンツは別のドライブに抽出されません。サイト サーバー上の despooler.log では、以下のようなエラーが記録されます。
    ABC00001.1 のコンテンツを抽出します。
    :: H:\SCCMContentLib\FileLib\ DeleteFileW に失敗しました.
    RemoveFile が失敗しました。0x80070002
    CFileLibrary::AddFile が失敗しました。0x80070002
    CContentBundle::ExtractContentBundle が失敗しました。0x80070002
    ~ コンテンツ ライブラリの内容を抽出できませんでした。0x80070002
    ~ E:\SCCM\INBOXES\DESPOOLR のパッケージの内容を抽出できませんでした。BOX\RECEIVE\ {PKG_File} です。エラー = 2

資産管理



  • コンピューターまたは両方の親と子の Active Directory グループのメンバーであるユーザーのみが表示されます、子グループのメンバーとしてデルタの Active Directory グループの探索サイクル後。
  • [オンライン状態のデバイス] の条件の場合、結果が返されない、コレクションのメンバーをフィルター処理に使用される場合です。

サイト システム



  • いない、運用環境で使用するサイトのクライアントのバージョンが移動されていない場合に、運用前のクライアントのフォルダー (\Microsoft Configuration Manager\StagingClient) のバックアップが作成されます。したがって、サイト復元の後になります、 階層マネージャー コンポーネントがそのフォルダーの更新に失敗します。\Client と \StagingClientfolders の両方に適切なクライアントのバージョンが含まれているまで、クライアントのインストールは失敗し、します。この更新プログラムは、適切なファイルのバックアップ ・ プロセスの修正が、以前のサイトのバックアップを変更しません。
  • 適用されるカスタムのアクセス許可、 v_R_System SMS Executive サービスを再起動した後、ビューが削除されます。
  • サイト システム ステータス サマライザー コンポーネント配布ポイントの可用性の状態のレジストリ キーのチェックが行われない。これにより、サマライザーのポーリング ・ サイクルが多数 (数千) の配布ポイントが存在する環境でのタイムアウトを防ぎます。
  • レプリケーション トラフィックのレポートは、後に不完全なデータを含めることが、 期限切れの削除のレプリケーションの概要構成マネージャー階層内でサーバーの全体管理サイト (CA) にタスクが実行されます。などの 7 日間のデータを 1 つのリンクが表示されます、その他の 1 つまたは 2 つのリンクが、データの 1 日を表示して、残りの部分にデータを表示しないが。
  • SQL Server のポートがファイアウォールの例外でアクティブになっていないことを示すステータス メッセージ 3353 が誤って生成された SQL サーバーにファイアウォールが無効になっています。

クライアント



  • 権限の低いユーザーで、統合の書き込みフィルター (UWF) を有効に 10 の Windows デバイスに手動で必要なソフトウェアのインストールを開始できます。インストールはユーザーによって開始されたときに失敗するが、正常に自動インストール中に、期限に達したとき。
  • SMS エージェントのホスト プロセス (ccmexec.exe) が不必要に要求します process_terminate状況によってはアクセスを許可します。これは偽ウイルス対策ソフトウェアのマルウェアのアプリケーションからメッセージになります。
  • インターネットに接続する代替サービス ポイント (FSP) の情報が上書きされていない正しく、イントラネットに接続する FSP のクライアントが企業ネットワークに接続するとします。クライアントが企業ネットワーク上になったとき、インターネットに接続する FSP に将来の通信が中断されます。
  • 場合、管理コンソール内で定義された構成マネージャーのクライアント (CCMCache) をディスク上のキャッシュのサイズを超える可能性があります 4 GB またはより大きいは、パッケージ配布します。たとえば、クライアント キャッシュの既定値の 5 GB の場合、クライアントには 6 GB のディスクに保存されているデータの可能性があります。

エンドポイントの保護



  • Windows Defender のファイルの除外は、構成マネージャーのエンドポイントの保護として、レジストリに書き込まれます。 DWord 値の代わりに 文字列 (REG_SZ).ポリシー (RSOP) データのグループ ポリシーの結果セットを生成しようとしています。 が失敗するようにグループ ポリシーは、文字列形式でデータを書き込みます。

Microsoft Intune とモバイル デバイスの管理



  • 環境が同じユーザー名が存在する、同じフォレスト内の 2 つのドメインでは、user1@contoso.com と user1@domain2.contoso.com には、Exchange Server コネクタの同期が失敗します。EasDisc.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。
    エラー: [管理] の例外: 同じキーを持つ項目は既に追加されています。
    エラー: マネージ COM. エラーの検出のスレッドの状態を確認できませんでした = パラメーターが正しくありません。
    情報: デバイスの合計数が 0 を検出します。

  • Microsoft Intune サブスクリプションを変更した後、新しいサブスクリプションを反映するように SC_Online_Issuing 証明書は更新されません。これは、将来の登録作業が妨害されます。Dmpdownloader.log および Dmpuploader.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。
    Dmpdownloader.log
    エラー: FastDownload 例外が発生します。
    [Microsoft.Management.Services.Common.SecurityTokenValidationException: エラーが発生しました - 操作 ID (カスタマー サポート)。
    Certmgr は、証明書はまだ 1 分間スリープがインストールされていませんが。サイトに Intune サブスクリプションがあるかどうかを確認してください。

    Dmpuploader.log
    警告: 適切な証明書が見つかりません。
    Dmp のコネクタは、コネクタ証明書を読み取りに失敗しました"userauth"の場所を他のサービスの呼び出し中にエラー: 例外が発生しました。
    エラー: StartUpload の例外: [コネクタ証明書の読み取りに失敗しました]

オペレーティング システムの展開



  • 100 以上のドライバーを SMS プロバイダー エラーの管理コンソールの結果内の別のフォルダーに移動しようとしています。
  • 最後の PXE 提供情報 子プライマリ サイトではなく、CA にインポートした場合、デバイスの詳細情報が削除されます。これにより、OS の展開タスク シーケンスを再実行します。
  • Surface Pro 3 などの Windows のデバイスは正しくない入力、 スタンバイ接続 OS の展開中に電源の状態です。不完全な展開でこの結果します。
  • アプリケーションをインストールします。 タスク シーケンスの実行中にクライアントに時刻の変更が行われた場合、タスク シーケンスのステップは失敗します。
  • 10 アップグレード パッケージの Windows のタスク シーケンス内のドライバーをアップグレードするためのコマンドラインには、末尾の円記号が正しくないが含まれている、 /installdrivers パラメーターです。

設定の管理



  • 管理者コンソールで作成した修復スクリプトのエンコード済みのデータ セクションで指定されていません。これは、結果、署名付きのスクリプトを実行するにエラーが発生しました。

ソフトウェアの更新



  • ソフトウェア更新の対応レポートには、「不明」ではなく「は必要ありません」とのデータが指定されていないデバイス用の更新プログラムの情報が含まれますコンプライアンスの正しくない結果が発生します。
  • ソフトウェア更新プログラムが正しくない、作成日に基づいて、置き換えの日付の代わりに期限が切れました。
  • 重複する展開の Windows 10 のサービス プランを関連付けられた配置のルールが評価されるたびに作成されます。

1606 のバージョンに含まれる追加の変更

サポートされているオペレーティング システム

以下のオペレーティング システムが対象になりますアプリケーションと設定の管理。

  • Solaris 10
  • CentOS 7
  • Ubuntu 14.04


脆弱性評価



アプリケーション構成の管理



  • ソフトウェア センターで公開されているアプリケーションのインストールを再試行できるは、以前の失敗のようになりました。ディスク領域の不足のためインストールが失敗した場合など、 インストール 要件が満たされるとすぐに、ボタンが表示されます。

クライアントの設定



  • ハードウェア インベントリの最大ランダム遅延の分 オプションは、クライアント エージェントの設定で使用できるようになりました。

オペレーティング システムの展開



  • 使用して、ハードリンクを USMT オフライン状態のキャプチャを実行するとき、 オフライン モード (Windows PE) でキャプチャします。ファイルをコピーせずにリンクを使用してローカルでのキャプチャします。 オプションで、 ユーザー状態のキャプチャ タスクには、オフラインの Windows のドライブが格納されていない、 タスク シーケンス 変数です。配置するには、どのドライブに新しい Windows をインストール後に確認が困難になります、。 オペレーティング システム イメージを適用します。 ステージです。
  • SMSTSSoftwareUpdateScanTimeout タスク シーケンスの変数があるようになりました。これにより、タイムアウトの値を ソフトウェアの更新タスクをインストールします。 制御する一連の手順です。値は、秒単位で入力する必要があります。デフォルトのタイムアウト値も何も指定されている場合は、1800 秒 (30 分) です。
  • TFTP ウィンドウ サイズ使用オペレーティング ・ システムの中に配置これでカスタマイズできる別のネットワーク要件に対応します。構成します。 RamDiskTFTPWindowSize PXE が有効な配布のポイントはオペレーティング システムのイメージ ファイルのダウンロード速度を増やすことができます。既定値は 4.次を使用して変更できますが、 RamDiskTFTPBlockSize PXE が有効な配布ポイント上のレジストリ サブキー。
    場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\SMS\DP

    DWORD 名: RamDiskTFTPWindowSize
    値:<the desired="" window="" size=""></the>(既定値は 4 です)。

  • 内のコンピューターの場合、 不明なコンピューター PXE を使用して展開する 2 つの 32 ビットおよび 64 ビットのオペレーティング システム イメージがコレクションには、クライアントの CPU アーキテクチャに一致するイメージを選択します。

コンテンツ管理



  • 大規模な環境で、サイトの更新またはアップグレードがインストールされていると同時にアップグレードするのには配布ポイントとプル配布ポイントが不要になった起動します。代わりに、配布ポイントの一部のみ、更新プログラムが適用されます。これは、コンテンツの配信で大規模な障害を防ぎます。詳細については、次を参照してください。DPUpgradeThreadLimit 次の資料、マイクロソフト サポート技術情報。
    3025353 配布ポイントのインストールやアップグレードがシステム センター構成マネージャーで 2012年の予想よりも長くかかる場合があります。

更新プログラムおよびサービスを提供



  • サービス接続] ツールは、同時に複数のサイトからの利用状況データのアップロードで使用できます。

この更新プログラムに含まれている修正

バージョン 1602年にリリースされた以下の修正プログラムには、システム センター構成マネージャーで 1606年のバージョンが含まれています。

  • 3155482 システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1602年のバージョンの更新プログラムのロールアップ
  • 3174008 ソフトウェアの更新のシステム センター構成マネージャー クライアントのインストールのフリーズ
  • 3180992 更新のシステム センター構成マネージャーのバージョン 1606、初期の波
  • 3145401 サービス接続ポイントでは、システム センター構成マネージャーでは接続していません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3184080 - 最終更新日: 09/08/2016 12:46:00 - リビジョン: 2.0

System Center Configuration Manager, v1606 released July 2016

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3184080 KbMtja
フィードバック