現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XADM] イベント ID 1005 のエラー メッセージが記録され、システム アテンダントが応答を停止する

現象
Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 (SP2) を適用したときに、次の問題が発生することがあります。
  • Microsoft Exchange システム アテンダントが応答を停止します。
  • コンピュータの再起動時に Microsoft Exchange システム アテンダント サービスが自動的に開始されません。
  • イベント ビューアのアプリケーション ログに次のイベント ID メッセージが表示されます。
    種類 : エラー
    ソース : MSExchangeSA
    分類 : General
    イベント ID : 1005
    説明 : 予期しないエラー 不明なエラーが発生しました。ID 番号: 80040a01 Microsoft Exchange System Attendant が発生しました。

    詳細については、http://search.support.microsoft.com/search/?adv=1 を参照してください。

: イベント ID 1005 メッセージは Microsoft Exchange Instant Messaging サービスなど、別の Exchange 2000 サービスが原因で生成されることがあります。
原因
この問題が発生するのは、使用中のネットワーク スイッチ デバイスで、スパニングツリーの Portfast 設定が無効になっている場合です。

イベント ID 1005 の説明に記載されている "0x80040a01" エラーは、"トポロジ作成のタイムアウト" エラーを意味します。Exchange 2000 サービスは起動時に、ドメイン コントローラに接続して Active Directory の設定情報を読み取る必要があります。そのため、ドメイン コントローラまたはグローバル カタログが使用できない状態にあるか、それらへの接続を確立できない場合、Exchange 2000 サービスは起動できません。これは Exchange 2000 SP2 でトポロジ作成 (DSAccess) が変更されたためです。
解決方法
この問題を解決するには、使用中のネットワーク スイッチ デバイスでスパニングツリーの Portfast 設定を有効にします。スパニングツリーの Portfast 設定を有効にすると、リスニングとラーニングを省略して、ポートは直ちにスパニングツリーの転送を実行できます。

この設定を有効にする方法については、ネットワーク スイッチ デバイスの製造元に問い合わせてください。

ネットワーク スイッチ デバイスの製造元への問い合わせ方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
65416 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (A ~ K)

60781 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (L ~ P)

60782 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (Q ~ Z)
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
回避策
この問題を回避するには、ネットワーク スイッチ ポートが完全に初期化されてから [サービス] スナップインを起動し、システム アテンダント サービスを手動で開始します。
詳細
Microsoft Windows NT サーバーで Portfast 設定を有効にした際に発生し得る影響について参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
247922 サーバーの起動時に Netlogon イベント ID 5719 が記録される


ad dc gc exc2kp2w 80040a01 im
プロパティ

文書番号:318431 - 最終更新日: 07/17/2006 10:21:30 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2

  • kbpending kbprb kbqfe KB318431
フィードバック