Partner Center Sales Connect への初回アクセス


概要
Partner Sales Connect (Connect) はユーザー認証に Azure Active Directory (Azure AD) を使用します。Azure AD、Office 365 または Dynamics CRM サブスクリプションを使用している場合、本書は、貴社でAzure AD が正しく設定されているかを判断する際に役立ちます。また本書では、必要に応じて新規 Azure AD Tenant を作成する方法についても説明しています。

Office 365 および Dynamics CRM サブスクリプションは、これらのサブスクリプションの一部で Azure AD Tenant を作成します。ユーザーの追加、削除、Active Directory 統合の設定、またはAzure AD や Office 365 の統合の詳細情報に関する情報は、本書の Office 365 セクションを参照してください。

Connect の起動
  1. ご希望のブラウザーを起動して、以下のリンクに移動してください。https://partnersales.microsoft.com.
  2. ブラウザーの設定によって、Connect は自動的に現在の認証情報(メールアドレスとパスワード)を使用します。自動で入力されない場合は、貴社で使用するメールアドレスとパスワード (個人の Microsoft アカウントではなく)を入力するように求められます。

  3. テストの実行後に、別の認証情報でサインインする必要がある場合には、Connectにより認証情報を求められるように、常に新しくプライベートのブラウザーセッションを起動するようにしてください (例: InPrivate、Incognito または Private Browsing)。

    Microsoft P-Sellersへの注記:Microsoft P-Seller プログラムに参加されていて、microsoft.com のエイリアスを受け取っているにも関わらず、貴社と関連付けが行われていないのでこのエイリアスでConnect にアクセスできない場合には、貴社の認証情報を使用して、上記の説明に從ってください。


認証情報のテスト
以下のテストは、Azure AD アカウントが正しく設定されていることを確認するのが目的です。Connect が起動して認証情報を入力した後に表示される可能性のあるエラーメッセージをもとに、トラブルシューティングの方法を詳しく以下に説明しています。
  1. サインインの後、Connect はMicrosoft で承認済みのPartnerアカウントがあるかを確認します。「Microsoft の連絡先にこのメールアドレスを提示してサインインの認証情報を設定してください」というメッセージが表示された場合は、Azure Active Directory は正しく設定されています。



    注記:以下の例のようにこのエラーメッセージに記載のメールアドレスに、live.com#というプレフィックスが付いている場合は、Parnter のメールアドレスは個人のMicrosoft アカウントにリンクされていることになります(Live.com、Hotmail.com または outlook.comなど)。
  2. この問題を解決するには、名前を変更するか、貴社のメールアドレスと個人のMicrosoft アカウントのリンクを解除する必要があります。Microsoft Supportサイトのhttps://support.microsoft.com/help/11545/microsoft-account-rename-your-personal-accountを参照して詳細を確認してください。
  3. 問題なくサインインして、今回はじめてこの認証情報でConnectにログインした場合には、Connect がプロファイルを読み取れるように許可する必要があります。

  4. 設定が完了したら、次回のサインイン時には、Connect ダッシュボードが表示され、すぐにConnectで作業ができます。


  5. サインイン時に、「どのアカウントを使用しますか?」と表示された場合には、同じメールアドレスを使用したMicrosoft のアカウントが2つあることになります。
    • IT 部門がおそらく作成した「仕事または学校」のアカウント
    • ご自身でおそらく作成した「個人」アカウント



    個人アカウントの名前を変更することでこの問題を解決することができます。つまり、別のメールアドレスを使用してサインインしてください。これは安全に実行していただけます。アカウントへのサインイン方法を変更しているだけですので、アカウントに紐付けされているデータには影響はありません。以下の記事の説明に従ってください。https://support.microsoft.com/help/11545/microsoft-account-rename-your-personal-account.

    「不正な要求」のメッセージが表示された場合は、貴社の認証情報ではなく、Microsoft Live ID またはそれ以外の認証情報を入力している可能性があります。貴社の認証情報を使用してもう一度サインインの手順を繰り返すか、貴社のAzure AD の作成 セクションを参照して、貴社のAzure ADを作成してください。



    注記:「...はシステムにありません」のメッセージが表示された場合は、お使いのメールアドレスがAzure AD またはLive ID用に設定されていません。新規Microsoft アカウントを作成するように表示された画面の指示は無視するようにしてください。これで作成すると、個人のMicrosoft アカウントが新規作成されてしまいます。Connect では、以下の説明を参照して作成可能なAzure AD組織に接続する必要があります。詳しい情報は、 貴社のAzure ADの作成 セクションを参照してください。


組織のAzure AD の作成
有効なAzure AD アカウント、Office 365 または Dynamics CRM サブスクリプションがない場合は、貴社でAzure AD Tenant を新たに作成する必要があります。標準のメールアドレスではなく、別のAzure AD アカウントを使用するように依頼される可能性があるため、まず、貴社のIT チームにお問い合わせください。貴社で、新規のAzure AD Tenant を作成する必要がある場合は、以下の手順に従い、適切なアカウントを使用して上記の手順をもう一度繰り返してください。

これらのサブスクリプションタイプを所有している場合には Office 365 または Dynamics CRM サブスクリプションをお持ちの方向けの情報 セクションに移動してください。
  1. 以下のリンクの手順に従い、新規のAzure AD Tenant を設定してください。https://account.windowsazure.com/organization.
  2. ドメイン名 フィールドに、貴社のドメイン名を .com の部分なしで入力してください。たとえば、Contoso.com の Contoso と入力します。

  3. 一意のConnect アカウントにユーザーを追加します。
  4. 認証情報の設定に関する情報をMicrosoft に提示します。

    ドメイン名がすでに使用されているとのエラーメッセージが表示された場合は、Azure Tenant がすでに設定されている可能性があるため、貴社のIT部門に確認してください。Tenant が存在しないことが確認できたら、Contoso2など少し違う名前で試してみてください。作成したドメイン名は、貴社のActive Directory とAzure AD Tenantを統合するAzure AD の設定が完了するまでプレースホルダーとなります。

    注記: 以前にAzureにサインアップしたことがない場合に、Azure AD アカウントを新規作成するには、Azureアカウントを作成する必要があります。無料のお試しアカウントで開始していただけます。お試し期間が終了すると、従量課金制のサブスクリプションに切り替わります。Azure ではお試しのアカウントを作成するにはクレジットカードが必要ですが、Connect のみを使用する場合はAzure AD は料金がかかりません。他のAzure機能やサービスをご利用されることにした場合は、使用料金が課金されます。.以下でAzure AD の価格を比較できます。https://azure.microsoft.com/en-gb/pricing/details/active-directory/.

Office 365 or Dynamics CRM サブスクリプションをお持ちの方向けの情報
以下の記事では、Office 365 とAzure AD がどのようにやり取りを行うかについて説明しています。
Add users individually to Office 365 - Admin Help

Office 365 Azure AD 設定に対してユーザー追加または削除を行うには、以下の記事を参照してください。
Understanding Office 365 identity and Azure Active Directory

ユーザーの追加後に、Microsoftの担当者にお問い合わせください。


Azure AD設定の完了
これには、ドメイン管理者権限が必要です。Azure AD に関する詳しい情報は、以下のMSDN の記事を参照してください。https://msdn.microsoft.com/library/azure/jj573650.aspx
  1. または、zure AD ビデオを参照してください。
  2. https://channel9.msdn.com/Series/Windows-Azure-Active-Directory

Azure AD テナントと貴社のドメインおよびメールを関連付けることで、ユーザーのエクスペリエンスを向上することができます。メールアドレスドメインの追加に関する説明は、Azure AD の「ディレクトリーの設定」セクションにあります。最低でも手順1は完了してください。「ユーザーのサインインエクスペリエンスの向上」



Azure AD Tenant と、ローカルのディレクトリーを統合して、パスワードやその他の情報を同期することができます。これは推奨のアプローチとなっています。ローカルディレクトリーと統合する方法は、Azure AD の「ディレクトリー設定」セクションに記載されています。

Azure AD の各ユーザーに関連付けられたメールアドレスで、Microsoft へ接続できるようにアクセス権が必要なものをご提示ください。Microsoft の担当者がこの情報を使用してアクセスの設定を行います。


© 2016 Microsoft Corporation.All rights reserved.MicrosoftおよびWindowsは米国およびそのほかの国における Microsoft Corporationの登録商標です。この文書に記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。この文書は、情報提供のみを目的としています。本書についてMICROSOFT は明示的、暗示的な保証を一切しないことにご了承ください。
プロパティ

文書番号:3185942 - 最終更新日: 09/16/2016 18:55:00 - リビジョン: 2.0

  • kbsurveynew helppartner kbnorightrail KB3185942
フィードバック