Office 365 管理センターで Office アプリケーションをダウンロードすると、Skype for Business が除外される

現象
以下のシナリオでは、Microsoft Office アプリケーションがインストールされていますが、Skype for Business のみインストールされていません。

シナリオ 1

Office 365 管理センターの [Software download settings] (ソフトウェアのダウンロード設定) において、Skype for Business (スタンドアロン) が [オフ] に設定されています。この状態で、Office 365 Business Premium サブスクリプションから Office 2016 をインストールしようとしています。

ソフトウェアのダウンロードの設定

シナリオ 2

Office 365 Midsize Business サブスクリプションを Office 365 Business Premium サブスクリプションへアップグレードしようとしています。Office 365 ポータルで、2013 バージョンの Office 365 Business Premium をインストールしようとしています。
解決方法

シナリオ 1 の解決方法

Skype for Business (スタンドアロン) が [オフ] に設定されている場合は、Office 展開ツール (ODT) バージョン 2016 を使用して Office 365 Business Premium をインストールすることで、Office アプリケーションのインストール時に Skype for Business がインストールされます。クイック実行用の Office 365 展開ツールの詳細については、以下の TechNet 資料を参照してください。

概要: Office 展開ツール

以下は、構成ファイル (Configuration.XML) の例です。

<Configuration> <Add OfficeClientEdition="32" Channel="Current"> <Product ID="O365BusinessRetail"> <Language ID="en-us" /> </Product> </Add></Configuration>

シナリオ 2 の解決方法

2016 バージョンの Office 365 Business Premium には Skype for Business が含まれていますが、2013 バージョンの Office 365 Business Premium には Skype for Business が含まれていません。Office 365 管理センターから 2016 バージョンの Office アプリケーションをインストールする必要があります。
追加情報 
Microsoft ではこの問題を認識しており、動作の改善に取り組んでいます。

Office 365 Midsize Business サブスクリプションには、Office ProPlus (O365ProPlusRetail) が含まれており、当該サブスクリプションの Office アプリケーション (2013、2016 バージョンの両方) には Skype for Business が含まれています。Office 365 Business Premium サブスクリプションへアップグレードし、2013 バージョンの Office アプリケーションをインストールする場合は、以下の事項に注意してください。
  • 当該サブスクリプションには Skype for Business が含まれていません。Skype for Business (スタンドアロン) を別途インストールする必要があります。
  • Skype for Business (スタンドアロン) は無償のアプリケーションです。フル機能版の Skype for Business とは一部の機能が異なります。


プロパティ

文書番号:3186802 - 最終更新日: 09/27/2016 21:20:00 - リビジョン: 4.0

Office 365 Business, Skype for Business 2016

  • kbgraphxlink o365 KB3186802
フィードバック