Outlook .ost ファイルにエラーが検出されました

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3186812
現象
Microsoft Outlook 2013 またはそれ以降のバージョンでは、次のエラー メッセージが表示されます。

C:\Users\<name>\AppData\Local\Microsoft\Outlook\ user@org.com.ost</name>のファイルでエラーが検出されました



アプリケーション イベント ログを調べると、検索するイベント ID 2000with の詳細を次のような。

ログ名: アプリケーション
ソース: Outlook
イベント ID: 2000年
レベル: エラー
説明: データベースの破損が検出され、処理が中止されました。
プロセス:"C:\Program ファイル Office\Office1x\OUTLOOK。EXE」(fb0.96c)
ファイル:"C:\Users\<name>\AppData\Local\Microsoft\Outlook\ user@org.com.ost"</name>


xプロセスのパスのプレース ホルダーは、Office のバージョンを表します (16 = Office 2016、15 Office 2013 を =)。
原因
Youroffline Outlook データ ファイル (.ost) に破損が検出されました。
解決方法
この問題を解決するには、.ost ファイルとすることを削除するには、Outlook は Microsoft Exchange を実行しているサーバーからの情報を再度ダウンロードを使用できます。

  1. Outlook を終了します。
  2. 次の場所を参照してください。

    %localappdata%\Microsoft\outlook

  3. エラー メッセージの reportedto は、エラーが発生しから削除して、.ost ファイルを検索します。
  4. Outlook を起動します。

詳細
以前のバージョンの Outlook では、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) で発生するエラーに対して Scanost.exe ツールを使用することお勧めしました。Scanost.exe ツールは、Outlook 2010 で使用可能ではありません。今すぐお勧め、オフラインの Outlook データ ファイル (.ost) を削除して、Outlook は Microsoft Exchange を実行しているサーバーからの情報を再度ダウンロードすることです。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。

983036 Scanost.exe ツールは Outlook 2010 のインストール時にはインストールされません。



アプリケーション イベント ログを確認するのには、次の手順を使用できます。
  1. [コントロール パネル] の [管理ツール] を開きます。
  2. [イベント ビューアー] をダブルクリックします。
  3. 左側のウィンドウでを選択してアプリケーション [ Windows ログします。
  4. [操作] ウィンドウには、現在のログをフィルターをクリックします。
  5. [現在のログをフィルター] ダイアログ ボックスに enter2000 とし、[ OK] をクリックします。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3186812 - 最終更新日: 08/27/2016 18:57:00 - リビジョン: 1.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbmt KB3186812 KbMtja
フィードバック