推奨されるウイルス対策の除外の Azure サービス回復)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3186955
概要
この資料では、Microsoft Azure サービス回復ソフトウェアがインストールされているサーバーの推奨されるウイルス対策ソフトウェア (AV) の設定について説明します。役割ごとにさまざまな除外の設定を説明します。
詳細

Azure のサイトの回復 (ASR) Azure 展開に SCVMM: ウイルス対策の除外のガイダンス

システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (SC 2012 R2 の VMM) サーバー

VMM サーバーは、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料の詳細については、すべての除外リストを含める必要があります。

3119208 Center Virtual Machine Manager のシステムと管理対象ホストのウイルス対策の除外を推奨

さらに、項目を除外できますから。

%ProgramData%\ASRLogs

(VMM と HYPER-V クラスターにインストールされている ASR エージェント) のクラスター化されたサービス

クラスター サービスの除外リストの推奨される方法については、以下の KB 資料を参照してください。

250355 クラスター対応ではないウイルス対策ソフトウェアには、クラスター サービスで問題が発生します。

Azure のサイトの回復 (ASR) Azure に配置するには、HYPER-V: ウイルス対策の除外のガイダンス

HYPER-V サーバー (ASR エージェント)

以下の KB 資料に記載されているすべての項目を除外します。

3105657 HYPER-V ホスト用のウイルス対策の除外を推奨

さらに、次の場所からすべての項目を除外します。

%ProgramFiles%\Microsoft azure のリカバリ ・ サービス ・ Agent\Scratch
%ProgramFiles%\Microsoft azure のリカバリ ・ サービス ・ Agent\Temp

Azure のサイトの回復 (ASR) VMware は VMware の導入: ウイルス対策の除外のガイダンス

送信元サーバー

以下を除外します。
  • スカウト エージェントのインストール先のパス既定では、これは、C:\Program ファイル (x86) の \InMage システムです。
  • アプリケーション キャッシュのディレクトリです。既定では、これには、インストール パスの下にあります。個別に構成する場合は、ここで確認してください。既定では、パスは、C:\Program Files (x86) の \InMage Systems\hostconfigwxcommon.exe です。[エージェント] タブでアプリケーションのキャッシュをチェックします。
  • MSCS クラスターのボリュームの場合に、クラスターのすべてのボリュームの下にある InMageClusterLog フォルダーを除外します。

(MT) のマスターと対象サーバー

以下を除外します。

  • インストール先のパスの探索兵の MT です。既定では、これは、C:\Program ファイル (x86) の \InMage システムです。
  • ターゲット キャッシュ ディレクトリです。既定では、これには、インストール パスの下にあります。個別に構成する場合は、ここで確認してください。既定では、パスは、C:\Program Files (x86) の \InMage Systems\hostconfigwxcommon.exe です。[エージェント] タブでアプリケーションのキャッシュをチェックします。
  • 保存ログのすべてのボリューム。
  • C:\SRV のパスとすべてのサブフォルダーです。

Azure のサイトの回復 (ASR) Azure に配置する: ウイルス対策の除外のガイダンス

ソース サーバー (サーバーの構成、プロセス サーバーの場合は、マスターの対象)

Azure のサイトの回復エージェントのインストール先のパスを除外します。既定では、これは、C:\Program Files (x86) \Azure サイトの回復です。

回復サービス エージェントのインストール パスを除外します。既定では、これは、C:\Program ファイル Azure 回復サービス エージェントです。

保護された仮想マシン

ASR によって保護されているゲスト仮想マシン (Vm) では、ゲストのエージェントがインストールされているインストール フォルダーを除外する必要があります。既定では、この isC:\Program ファイル (x86) \Azure サイトの回復します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3186955 - 最終更新日: 09/30/2016 21:51:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbmt KB3186955 KbMtja
フィードバック