Endpoint Protection クライアントのマルウェア対策のプラットフォームの更新プログラムを 2016年 9 月

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3188693
概要
この資料では、次のクライアントのマルウェア対策のプラットフォームの更新プログラム パッケージについて説明します。
  • Microsoft システム センター 2012 R2 の構成マネージャーのエンドポイント保護 Service Pack 1 (SP1) クライアント
  • Microsoft システム センター 2012 R2 の構成マネージャー Endpoint Protection クライアント
  • Microsoft システム センター 2012年エンドポイント保護 Service Pack 2 (SP2) のクライアント
  • Microsoft システム センター 2012年エンドポイント保護 Service Pack 1 (SP1) クライアント
  • システム センター構成マネージャーで、現在の分岐

これらのパッケージは、クライアント サービスのエンドポイントの保護、ドライバー、およびユーザー インターフェイス (UI) コンポーネントを更新します。

マイクロソフトは、マルウェア対策保護、パフォーマンス、堅牢性、および利便性が常に変化するマルウェアの状況での一貫性を保証するためにプラットフォームのアップデートを定期的にリリースします。この更新プログラム パッケージは、2016年 9 月の日付です。

更新プログラムの情報

このマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムには、次の機能強化が含まれています。
  • Microsoft のアクティブな保護サービス (マップ) とクラウドの保護接続用プロキシ Pac の使用方法のサポートの強化
    • マップの信頼性の向上およびプロキシの自動構成のマップに追加のサポート。管理者がシステム センターのエンドポイントの保護 (SCEP) または Windows Defender に対応しているレポートを設定して、プロキシ .pac ファイルの URL を構成しますプロキシ自動構成 (.pac) ネットワークに接続するための定義します。この更新プログラムに含まれる ADMX のグループ ポリシー オブジェクト内のポリシー設定をグループ化します。コンピューターの構成 \ 管理用テンプレート]、[Windows コンポーネントまたはエンドポイントの保護下には、このグループ ポリシー設定があります。管理者がこの設定を有効にする場合は、プロキシ構成の場合、SCEP または Windows Defender が指定したプロキシの .pac ファイルを使用します。それ以外の場合、管理者は、無効にすることまたは空白のままにします。

      <b>指定したプロキシ .pac ファイルの予想される URL の形式は、https://です。example_server/example_file。 pac です。
  • 以前、マイクロソフトのマルウェア対策プラットフォームには、マルウェア対策クライアントのネットワークの検出機能を増強するためネットワーク リアルタイムの検査 (NRI) 機能が導入されました。既定では、既存のネットワーク検査システムの機能があること、システムのパフォーマンス低下の可能性があるため無効です。これにより、NRI の機能と署名だけに注目する投資の内部のシフトが発生します。5 年以上では作業中の NIS 署名はまだあるのと機能および NIS の操縦翼面がこの更新プログラムでエンドポイントの保護から削除されます。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムを指定する場合はマイクロソフトの更新プログラムで実行できます。

Microsoft Update

スタンドアロン システム センター 2012 R2 のクライアントと System Center 2012 のクライアントのマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムがあります。 Microsoft Update.

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

<b>この更新プログラム パッケージをインストールする前に、構成マネージャー管理コンソールを閉じることをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以下の更新プログラムが置き換えられます。

3153224 2016年 3 月マルウェア対策プラットフォーム更新の改訂版のクライアントのエンドポイントの保護

バージョン情報

この更新プログラムは、マルウェア対策クライアントのバージョンを4.10.205.0に移動します。バージョン情報を見つけるには、[Endpoint Protection クライアント ユーザー インターフェイスの [ヘルプ] メニューをクリックします。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Fepinstall.exe4.10.205.030,168,2082016 年 8 月-31-02:49x86
Scepinstall.exe4.10.205.029,945,4882016 年 8 月-31-02:46x86
詳細

プロキシ自動構成 (.pac) ネットワークに接続するための定義します。

このポリシー設定では、クライアント定義の更新プログラムをネットワークに接続しようとするときに使用するプロキシ .pac ファイルの URL とレポート作成のマップを定義します。プロキシの自動構成が失敗した場合、またはプロキシが存在しない場合の自動構成が指定されて、クライアントは (次の順序で) 別のオプションに戻します。
  1. (指定されている) 場合に、プロキシ サーバー
  2. (指定されている) 場合に、プロキシ .pac URL
  3. なし
  4. Internet Explorer のプロキシの設定
  5. 自動検出

この設定を有効にした場合、プロキシの設定は指定された順序に従って指定したプロキシの .pac ファイルを使用します。

無効にした場合、またはこの設定を構成しなかった場合は、プロキシは、指定された順序に従ってこのフォールバックの手順をスキップします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3188693 - 最終更新日: 09/27/2016 18:03:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Endpoint Protection, Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3188693 KbMtja
フィードバック