Office 365 専用/ITAR (vNext) を移行後のメールボックスのメール配信の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3189107
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR (vNext)、メールボックスを移動すると、次の問題のいずれかが発生します。
  • すべての電子メールを受信しません。
  • (新しく移行したユーザー) にメールを送信しようとすると、配信不能レポート (NDR) が表示されます。
原因
VNext への移動処理の一部として、オブジェクトは、従来の専用の環境で固定されます。MMSSPP の更新が継続的にユーザーが正しく固定されていない場合、 targetAddress proxyAddresses 属性、およびメール配信の問題が発生します。
解決方法
VNext に専用の従来からの移行は整理し、マイクロソフトの展開のリソースで構成されています。このプロセスでは次の手順を効率的にし、可能なエンド ・ ユーザーは、ほとんど変わりませんが、移行が完了したことを確認します。
  1. 最初の書き戻しプロセス (現在手動 *、マイクロソフトが完了して)

    ディレクトリ情報の一部 (たとえば、 msExchMailboxGuid publicDelegates) Azure Active Directory に専用のディレクトリから転送する必要があります。これを行うには、必要な情報が専用のディレクトリから抽出され、オンプレミスの Active Directory に書き込まれます。AAD の同期と接続を使用して、クラウドに情報を転送できます。この書き戻しを手動で実行し、移行を行う前にマイクロソフトの展開のリソースを調整します。
  2. VNext でオブジェクトのライセンスを取得して、EXO チーム (顧客) にバッチ処理されるユーザーに提供します。

    書き戻しプロセスが完了するとすぐにお客様の手順にかかるバッチ番号およびライセンス オブジェクト構成のマニュアルで、EXO ・ サービス ・ チームによって提供されるスクリプトを実行することによって。MsExchMailboxGuid の設置を目的とするレガシから要素がコピーされる AD vNext、この新しいメールボックスが準備されていることを防止し、移動が正常に完了したことを確認します。

  3. メールボックスの保持 (手動、マイクロソフトが完了した)

    送信前に、移動は、メールボックスに固定されます。したがって、 targetAddress proxyAddresses MMSSPP でのプロパティは更新されません。移動後移動元のメールボックスが構成されますが、メールボックス レプリケーション サービス (MR) のメール配信を継続するかどうかを確認するのには。これらの属性の変更を避けるために移行した後完全に固定されたままです。
  4. シード処理済み (MR)

    メールボックスのグループは、お客様にマイクロソフトの展開リソースによって提供される移行バッチに含まれます。これは、数週間前に、新しいメールボックスを vNext で事前にシードできるように、メールボックスが移行を完了してください。
  5. 最終的な移行 (MR)

    顧客から要求されたときの日時には、メールボックスの移動が完了しました。
  6. 最後の書き戻し (現在手動 *、マイクロソフトが完了しました)

    3 営業日、最後の書き戻しが完了されます。TargetAddressmsExchRecipientTypeDetailsmsExchRemoteRecipientTypemsExchRecipientDisplayType、およびproxyAddressesは、プロパティが更新されました。
ある場合、レポート メールの配信に関する問題が移行後、次の情報を収集する必要があります。
  • 使用可能な場合、配信不能レポート (Ndr)、

従来の専用の環境でのオブジェクトの構成を確認します。オブジェクトは、 ExternalEmailAddress属性のサフィックスとは、 RemoteUserMailboxをする必要があります *. onmicrosoft.com。
get-recipient john@contoso.com | fl ExternalEmailAddress,RecipientTypeDetails
ExternalEmailAddress          : SMTP:john@contoso.onmicrosoft.comRecipientTypeDetails          : RemoteUserMailbox

ExternalEmailAddress vNext のメールボックスの電子メール アドレスにする必要があります。

専用の従来のソース オブジェクトの構成が正しくないことを懸念事項がある場合は、追加調査のため Microsoft と協力してください。

* が書き戻し処理を自動化するには、進行中のプロジェクトです。自動化が配置されるとすぐに書き戻し機能は、継続的に発生して、追加の手順は必要ありません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3189107 - 最終更新日: 09/05/2016 02:53:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB3189107 KbMtja
フィードバック