2016 の Outlook でアカウントの作成を簡略化を無効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3189194
現象
2016 の Outlook でアカウントを構成する場合は、スクリーン ショットに示すように簡単にアカウントの作成] ダイアログ ボックスで、表示されます。




ただし、次のスクリーン ショットに示すように Outlook の 2016年で新しいアカウントを構成するのには、従来のアカウント] ダイアログ ボックスを使用する場合します。


解決方法
重要: ここで簡単にアカウントの作成を無効にするグループ ポリシー情報を使用する場合 ここをクリックして、フィードバックを提供するには 従来のアカウント] ダイアログ ボックスを使用する理由と、環境内で動作する方法、アカウントの作成を簡略化機能を改善可能性があります。

2016 の Outlook の [アカウントの作成を簡略化] ダイアログ ボックスを無効にして、代わりに、従来のアカウント] ダイアログ ボックスを使用するには、以下の手順を実行します。

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、Windows のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。
    • 10 の Windows、Windows 8.1 および Windows 8:[実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。タイプ regedit.exeと入力し、[OK] をクリックします。
    • Windows 7:開始] をクリックしての種類 regedit.exe [検索] ボックスで、Enter キーを押します。

  3. レジストリ エディターを見つけて、レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\16.0\Outlook\setup
  4. 手順 3 で指定されているキーを選択すると後のポイントに新規 で、を編集 ] メニューの [し、[ DWORD (32 ビット) の値
  5. タイプ DisableOffice365SimplifiedAccountCreation、し、Enter キーを押します。
  6. DisableOffice365SimplifiedAccountCreationを右クリックし、[変更] をクリックします。
  7. のデータを値 ボックスで、入力1と入力し、[OK] をクリックします。
  8. ファイル ] メニューのをクリックしてを終了 レジストリ エディターを終了します。

詳細
アカウントの作成を簡略化機能は、Outlook のバージョン 16.0.6769.2015 以降のクイック実行のインストールで最初に導入されました。署名が必要 Office 365 のアカウントにこの機能をアクティブにします。

サインインしているアカウントを表示するには、[ファイル] をクリックを選択し、 Office のアカウント] をクリックし、ユーザー情報を表示します。
自動アカウント セットアップです。Outlook を Office 365 に接続します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3189194 - 最終更新日: 09/03/2016 20:08:00 - リビジョン: 1.0

Outlook 2016

  • kbmt KB3189194 KbMtja
フィードバック