リモートの WMI は、サードパーティ製のファイアウォールが有効になっている場合、間違っても Windows ファイアウォールの設定に依存しています

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3192130
現象
サードパーティ製のファイアウォールがインストールされ、ファイアウォール ポリシーの管理の所有権を取得するには Windows ファイアウォールを使用して登録されていると仮定します。接続を許可するポリシーを所有しているサードパーティ製のファイアウォールが構成されていても、リモートの Windows 管理インストルメンテーション (WMI) の接続がブロックされます。

この問題は、次のオペレーティング ・ システムを occursinthe。

  • Windows 10 バージョン 1511
  • Windows 10 の場合
  • Windows 8.1 の場合
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Embedded 8
  • Windows Server 2012
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2 SP1
原因
この問題は、ファイアウォールの設定を照会するときに DCOM API がサードパーティ製のファイアウォールを優先しないために発生します。
回避策
この問題を回避するには、WMI トラフィックを有効にするのにはコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
netsh advfirewall firewall set rule group="windows management instrumentation (wmi)" new enable=yes
状況
マイクロソフトはこの問題について調査中であり、準備が出来次第、本資料に詳細情報を掲載します。

サードパーティの情報に関する免責事項
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3192130 - 最終更新日: 10/03/2016 15:31:00 - リビジョン: 3.0

Windows 10 Version 1511

  • kbqfe kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB3192130 KbMtja
フィードバック