TFS の Office 統合アドインの発行元が信頼されていないため実行されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3192409
現象
TFS 2015 Office アドインは動作する信頼された発行元によって署名されていないためにを検出します。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • 64 ビット コンピューターで 32 ビット バージョンの Office を実行しています。
  • TFS TFS 2015 更新 3年より前のバージョンがあります。
  • Office の設定では、->->->オプションは、セキュリティ センターのオプションファイルの [信頼された発行元によって署名されるために必要なアプリケーション アドイン] チェック ボックスが選択されます。
原因
この問題は、アドインの場所」フィールドに引用符がある場合に発生します。これは Office が、発行元を確認することを防ぎます。これが問題の原因であることを確認するにはファイル ->オプション ->アドイン ->、Team Foundation アドインを選択し、場所のパスが引用符で囲まれてかどうかを [場所] フィールドを表示します。


TFS のアドインの場所を確認します。

解決方法
TFS 2015 更新 3年と TFS の以降のバージョンでは、この件で Afix が含まれます。更新プログラム 3 の解決にこの問題の更新を検討してください。

以前のビルドでは、場合によっては、該当するレジストリ キーから引用符を削除できます。レジストリ キーを編集する前にバックアップ コピーを作成することを確認します。

これを行うには、.reg のスクリプト ファイルを使用したり、手動でレジストリ エディターで文字列を編集できます。文字列を手動で編集するには、次の手順を実行します。
  1. [開始] をクリックし、[実行を、入力 regedit.
  2. TFS 2015 の次のサブキーに移動します。

    [HKEY_CLASSES_ROOT\WOW6432Node\CLSID\{04986E13-556D-463F-ADBD-9D8CAD03707B}\InprocServer32]
  3. (既定)のエントリを右クリックし、変更データ列の値の前後に引用符を削除し、します。
詳細
まだエラーが発生する、引用符を削除した後場合、は、マイクロソフトがお使いのコンピューター上の信頼できる発行元として表示されていることを確認します。そうでない場合は、Microsoft 証明書をインストールしてください。
Office の統合により、信頼できる発行元

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3192409 - 最終更新日: 09/24/2016 07:31:00 - リビジョン: 1.0

TFS 15 RC

  • kbmt KB3192409 KbMtja
フィードバック