[FIX] ODBC ドライバ マネージャが ANSI ドライバに対して誤って SQL_NO_DATA_FOUND を返す

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ANSI ODBC ドライバを使用している場合、VARCHAR や CHAR として定義され、空の文字列が設定された列に対して、ODBC ドライバ マネージャが誤って SQL_NO_DATA_FOUND を返すことがあります。この問題は、列になんらかのデータや "NULL" 値が格納されている場合は発生しません。データが空の文字列で、クライアント側から SQL_C_WCHAR を使用してバインドしている場合に、この問題が発生します。
原因
ODBC ドライバ マネージャが、空の文字列を ANSI から UNICODE に変換するときに、データが存在しないと誤って判断しています。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法
この問題を解決するには、Q319243_MDAC27_x86.exe 修正プログラムをダウンロードしてください。下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
リリース日 : 2002 年 7 月 12 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。この修正プログラムの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
回避策
この問題に対する簡単な回避策は、SQL_C_WCHAR ではなく SQL_C_CHAR として列をバインドすることです。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 で最初に修正されました。
詳細
ANSI ODBC ドライバを使用する古いアプリケーションでは、SQL_C_WCHAR として列をバインドしていない場合があり、この問題が発生しない可能性があります。Microsoft ODBC .NET Provider では、デフォルトで文字の列が SQL_C_WCHAR としてバインドされるため、Microsoft ODBC .NET Provider を ANSI ドライバと共に使用すると、この問題が発生する可能性があります。この問題が発生すると、Microsoft ODBC .NET Provider は "NO_DATA" を返します。

現象の再現手順

問題が発生するのは、次の例のような場合です。
  1. 次のスクリプトを使用して、テーブルを作成し、レコードを 1 件挿入します。
    Create Table Test (ID integer, COL1 CHAR(10))Insert Into Test VALUES (1,'')					
  2. 次の C プログラムを実行します。
    #include <windows.h>#include <stdio.h>#include <sql.h>#include <sqlext.h>int main(int argc, char* argv[]){	SQLCHAR*	theDiagState = new SQLCHAR[50];	SQLINTEGER	theNativeState;	SQLCHAR*	theMessageText  = new SQLCHAR[255];	SQLSMALLINT	iOutputNo;	SQLHENV		m_SQLEnvironment;	SQLHDBC		m_SQLConnection;	SQLHSTMT	m_SQLStatement;	SQLRETURN	iReturn;	long		lStrLen;	char		theData[1000];	//Connect.	iReturn = SQLAllocHandle(SQL_HANDLE_ENV,SQL_NULL_HANDLE,&m_SQLEnvironment);	iReturn = SQLSetEnvAttr(m_SQLEnvironment,SQL_ATTR_ODBC_VERSION,(SQLPOINTER) SQL_OV_ODBC3,0);	iReturn = SQLAllocHandle(SQL_HANDLE_DBC,m_SQLEnvironment,&m_SQLConnection);	//CHANGE THE DSN NAME HERE.	char	szConnBuffer[1024];	short   cbOutConn;	char    szConnStr[255];         strcpy(szConnStr,"DSN=YourANSIDSN;UID=YorUid;Pwd=YourPassword");		iReturn= SQLDriverConnect(m_SQLConnection, NULL,(SQLTCHAR*) szConnStr,strlen(szConnStr), (SQLCHAR*) szConnBuffer,1024, &cbOutConn, SQL_DRIVER_NOPROMPT);	if (iReturn != SQL_SUCCESS)	{		SQLGetDiagRec(SQL_HANDLE_DBC,m_SQLConnection,1,theDiagState,&theNativeState,theMessageText,100,&iOutputNo);	}	//Run query.	iReturn = SQLAllocHandle(SQL_HANDLE_STMT,m_SQLConnection,&m_SQLStatement);	//The Test table contains COL1 column which is set to empty for the first record.	iReturn = SQLExecDirect(m_SQLStatement, (SQLCHAR*) "Select ID,COL1 FROM Test",SQL_NTS);	iReturn = SQLFetch(m_SQLStatement);	iReturn = SQLGetData(m_SQLStatement,2,SQL_C_WCHAR,theData,100,&lStrLen);	//The problem does not occur if you bind the same column to SQL_C_CHAR.	//iReturn = SQLGetData(m_SQLStatement,2,SQL_C_CHAR,theData,100,&lStrLen);	if (iReturn != SQL_SUCCESS)	{		//iReturn will be 100 SQL_NO_DATA_FOUND here with NO other message.		int CheckHere;		CheckHere = 0;  //It will come here.		if (iReturn == SQL_NO_DATA_FOUND)		{			printf("SQL_NO_DATA_FOUND has been returned.\n Press Enter key to continue...\n");			getchar();		}			}	//DISCONNECT.	iReturn = SQLFreeHandle(SQL_HANDLE_STMT,m_SQLStatement);	iReturn = SQLDisconnect(m_SQLConnection);	iReturn = SQLFreeHandle(SQL_HANDLE_DBC,m_SQLConnection);	iReturn = SQLFreeHandle(SQL_HANDLE_ENV,m_SQLEnvironment);	m_SQLStatement = NULL;	m_SQLConnection = NULL;	m_SQLEnvironment = NULL;	delete theMessageText; 	delete theDiagState;	return 1;}					
    次のメッセージが表示されます。
    SQL_NO_DATA_FOUND has been returned.
    Press Enter key to continue...
MYSQL
プロパティ

文書番号:319243 - 最終更新日: 12/07/2015 09:14:21 - リビジョン: 6.0

Microsoft Data Access Components 2.7

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbdownload kbsqlserv2000sp3fix kbbug kbfix kbsqlserv2000presp3fix KB319243
フィードバック