[FIX SqlCommand.ExecuteReader 中のスレッド中止破壊 SqlConnection プール

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:319345
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
次の条件に当てはまる: 場合
  • マルチスレッドの .NET アプリケーションで、 SqlClient.SqlCommand.ExecuteReader メソッドを使用する長時間実行クエリは中止されました。
  • スレッド以降に同じ接続文字列を使用して SqlClient.SqlCommand.ExecuteReader を使用してデータを読み取るしよう。
次のエラー メッセージでは、表示されます。
System.InvalidOperationException: は既に最初閉じる必要がありますがこの接続に関連付けられた開いて、DataReader です。
コール スタックがように表示されます。
at System.Data.SqlClient.SqlCommand.ValidateCommand(String method, Boolean executing)   at System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteReader(CommandBehavior cmdBehavior, RunBehavior runBehavior, Boolean returnStream)   at System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteReader()					
原因
DataReader オブジェクトをやり取りしているスレッドは異常終了時に、接続クリーニングできないを正しくクリーンアップ コードを含む SqlClient.SqlConnection.Close メソッドが呼び出されなかったため。 これは、不確定状態には、接続が残され、最終的に、接続プールを使用できない状態の入力を原因します。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft .NET Framework の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
318836.NET Framework Service Pack の入手方法
この修正プログラムの英語版は次のファイル属性がありますが以降:
   Date            Version                                 Size              File name        --------------------------------------------------------------------   05-Mar-2002     1.0.3705.211    1,175,552 bytes   System.data.dll   29-Jan-2002                                  1,831,936 bytes   NDP10U318609.msp				

状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。 この問題は、Microsoft .NET Framework Service Pack 2 (SP2) で修正済みです。
adonet 接続プールの SQL 例外

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:319345 - 最終更新日: 01/30/2014 12:27:58 - リビジョン: 5.1

Microsoft ADO.NET 1.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbnetframe100presp2fix kbnetframe100sp2fix kbhotfixserver kbmt KB319345 KbMtja
フィードバック