Exchange のオンライン ユーザーは、オンプレミス ユーザーの空き時間情報の代わりにハッシュ記号を参照してください。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3193485
問題
Exchange Online のメールボックスを持つユーザーは、オンプレミス ユーザーの空き時間情報を検索して、空き時間情報の要求が失敗します。期待する可用性の情報ではなくユーザーは、スケジュール アシスタントでは、ハッシュ記号 (\) を参照してください。これは、次の条件に該当する場合に発生します。
  • Exchange Server 2013年累積的な更新 12 (CU12) は、オンプレミス環境で実行しています。
  • OAuth 認証では、ハイブリッド構成に設定されます。
<b>ハイブリッド構成ウィザードでは、お客様の環境が含まれていない任意の Exchange サーバーには Exchange Server 2013年より前のウィザードを実行すると場合を共有する空き/予約済みの OAuth を使用する環境を構成します。
原因
変更されましたでは、Exchange Server 2013 CU12 空き時間情報要求が正しく承認されていることを防止します。
回避策
この問題を回避するには、組織の誓いの言葉を無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. オンライン PowerShell を交換するために接続します。詳細については、次を参照してください。 PowerShell のオンラインの Exchange への接続します。.
  2. 次のコマンドを実行します。
    Get-IntraorganizationConnector |set-IntraorganizationConnector -enabled $false
<b>フェデレーションの従来のアプローチを使用して動作するのには空き時間をこの回避策を使用してできます。ただし、作業から設置型の間の電子的証拠開示を防止します。詳細については、 OAuth 認証を使用して Exchange ハイブリッド展開での電子的証拠開示をサポートするには.
状態
これは、既知の問題です。この問題は、Exchange Server 2013年の今後の累積的な更新プログラムで解決されます。
詳細情報
ヘルプが必要ですか。行きます Microsoft コミュニティのビジネス向けの office 365 またはExchange TechNetForums.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3193485 - 最終更新日: 09/20/2016 04:39:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew o365 hybrid kbbug kbmt KB3193485 KbMtja
フィードバック