[FIX] AWE システムで非常に多くのユーザー テーブルを使用すると BPool::Map エラーが発生する

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
非常に多くのユーザー テーブル (通常は 100,000 以上) を使用するシステムで AWE (Address Windowing Extensions) が有効になっている場合、SQL Server のエラー ログに次のエラー メッセージが記録されることがあります。
BPool::Map: no remappable address found.
エラー: 17803, レベル 20, 状態 14
使用できるメモリが不足しています。
17803 エラー メッセージは状態番号が 14 以外になる場合がありますが、常に BPool::Map エラーが最初に表示されます。

SQL Server のエラー ログには、以下のような追加情報が記録されることがあります。
2002-04-09 15:09:18.82 spid77    Query Memory Manager:  Grants=2 Waiting=0 Maximum=2229 Available=7622002-04-09 15:09:19.04 spid68    Buffer Distribution:  Stolen=203317 Free=333 Procedures=161		Inram=0 Dirty=16283 Kept=0		I/O=0, Latched=479, Other=4505472002-04-09 15:09:19.04 spid68    Buffer Counts:  Commited=671120 Target=671120 Hashed=467309		InternalReservation=667 ExternalReservation=1299 Min Free=5122002-04-09 15:09:19.04 spid68    Procedure Cache:  TotalProcs=36 TotalPages=161 InUsePages=792002-04-09 15:09:19.04 spid68    Dynamic Memory Manager:  Stolen=203310 OS Reserved=1664		OS Committed=1635		OS In Use=1599		Query Plan=204 Optimizer=201546		General=2887		Utilities=49 Connection=2232002-04-09 15:09:19.04 spid68    Global Memory Objects:  Resource=1984 Locks=289 		SQLCache=101 Replication=2		LockBytes=2 ServerGlobal=43		Xact=37				
: この SQL Server エラー ログの「Commited」は「Committed」の誤りです。

エラーが発生した場合、"Latched" に示される数値は通常数千です。

原因
lazywriter プロセスが、使用頻度の低いバッファを AWE バッファでのマッピングに使用できるように解放する必要があるかどうかを決定するために、不適切な計算を行っています。
解決方法

Service Pack の情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法

修正プログラムの情報

SQL Server 2000 Service Pack 2

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   バージョン      ファイル名   ----------------------------   8.00.0594    Sqlservr.exe				

SQL Server 2000 Service Pack 3

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   バージョン      ファイル名   ----------------------------   8.00.0840    Sqlservr.exe				

: ファイルの依存関係のため、上記のファイルを含む最新の修正プログラムや機能には、追加ファイルも含まれる可能性があります。


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で最初に修正されました。
プロパティ

文書番号:319477 - 最終更新日: 02/24/2014 15:42:41 - リビジョン: 7.2

  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Personal Edition
  • Microsoft SQL Server 2000, Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition 64-bit
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbbug kbfix KB319477
フィードバック