Office 365 ユーザーがハイブリッド展開のオンプレミス ユーザーに電子メールを送信しようとすると、"550 5.1.10 RESOLVER.ADR.RecipientNotFound" という NDR エラー メッセージが表示される

現象
Office 365 ユーザーは、Exchange ハイブリッド展開を構成している環境で、オンプレミスの Exchange ユーザーに電子メール メッセージを送信できません。Office 365 ユーザーは以下の配信不能レポート (NDR) を受信します。
"Your message to User@contoso.com couldn't be delivered.
User wasn't found at contoso.com"
(メッセージは User@contoso.com に配信されませんでした。
contoso.com でユーザーが見つかりませんでした)

本 NDR には、以下のエラー コードが含まれます。
"550 5.1.10 RESOLVER.ADR.RecipientNotFound; Recipient not found by SMTP address lookup"
(550 5.1.10 RESOLVER.ADR.RecipientNotFound; SMTP アドレス検索で受信者が見つかりません)
原因
この問題は、ユーザーが Office 365 で作成された場合に発生します。本シナリオでは、オンプレミスの Exchange 環境に、当該ユーザーを参照するためのオブジェクトが存在しません。したがって、SMTP アドレスへのすべてのクエリが失敗します。
解決方法
オンプレミス環境にリモート メールボックスを作成し、ディレクトリ同期が実施されるまで待機するか、ディレクトリ同期を強制実行します。これを実行するには、以下の手順に従ってください。
  1. Exchange 管理シェルで New-RemoteMailbox コマンドレットを使用し、対象のクラウド メールボックス用のオンプレミス オブジェクトを作成します。

    : このオブジェクトは、クラウド メールボックスと同じ名前、エイリアス、ユーザー プリンシパル名 (UPN) とする必要があります。

    詳細については、「New-RemoteMailbox」を参照してください。
  2. 手順 1 で作成した新規オンプレミス オブジェクトに ExchangeGuid プロパティを設定し、クラウド メールボックスと一致させます。これを実行するには、以下の手順に従ってください。
    1. リモート PowerShell を使用し、Exchange Online へ接続します。

      手順の詳細については、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。
    2. Get-Mailbox コマンドレット使用し、クラウド メールボックスの ExchangeGuid プロパティの値を取得します。例えば、以下のコマンドを実行してください。

      Get-Mailbox <メールボックス名> | FL ExchangeGuidメールボックス名
      詳細については、「Get-Mailbox」を参照してください。
    3. オンプレミス Exchange サーバーで Exchange 管理シェルを開きます。
    4. Set-RemoteMailbox コマンドレットを使用し、オンプレミス オブジェクトの ExchangeGuid プロパティの値を、手順 2B で取得した値に設定します。例えば、以下のコマンドを実行してください。

      Set-RemoteMailbox <メールボックス名> -ExchangeGuid <GUID>
      詳細については、「Set-RemoteMailbox」を参照してください。
  3. ディレクトリ同期が実施されるまで待機するか、ディレクトリ同期を強制実行します。

    詳細については、「オンプレミス ID と Azure Active Directory の統合」を参照してください。
  4. "Office 365 ユーザーのオブジェクトが "Synced with Active Directory" (Active Directory と同期済み) と表示されていることを確認してください。
追加情報
その他トピックは、Microsoft コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3197393 - 最終更新日: 10/11/2016 11:55:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Online

  • o365 KB3197393
フィードバック