フォルダーを移動すると、ACL の一部が削除される

現象
共有フォルダ配下に作成したフォルダに ACE を付与し、 エクスプローラーで他のフォルダに移動すると、移動前に設定していた ACL の一部が削除されます

再現手順


1. 管理者権限でログオンします

2. “testGroup” をローカル グループに作成します

3. "test_public" フォルダを作成します

4. 継承を無効にし、全ての継承されたアクセス許可を削除します

5. "test_public" に許可を付与します 


許可

Administrators : full control フル コントロール

SYSTEM             : full control フル コントロール

testGroup         : Read & execute 読み取りと実行




6. "test_public" に詳細な共有設定から共有設定をします


許可

Administrators : full control フル コントロール

SYSTEM             : full control フル コントロール

testGroup         : Read 読み取り

 

7. "test_public" に "testA" と "testB" の二つのフォルダを作成します


8. 継承を無効にし、両方のフォルダに継承されたすべてのアクセス許可を削除します


9. 両方のフォルダへのアクセス許可を以下のように設定します

 アクセス許可設定

Administrators : full control フル コントロール

SYSTEM             : full control フル コントロール

testGroup         : Read & execute 読み取りと実行


9. "testB" に "testA" を移動します


10. "testA" のアクセス許可を確認すると、"testGroup" のアクセス許可が削除されています

原因
エクスプローラーで共有フォルダー配下のフォルダーを移動する際、設定されている ACL を一旦クリアする、という処理が行われますが、上記シナリオではその後 ACL が復元されず、削除されたままとなるため、この問題が発生します。
回避策
ACL を保持した状態でフォルダー移動をしたい場合、move コマンドを使用します。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3199435 - 最終更新日: 10/13/2016 16:57:00 - リビジョン: 2.0

Windows 10, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Standard

  • KB3199435
フィードバック