現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOWTO] Windows XP で暗号化ファイルを識別する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、Microsoft Windows XP で暗号化ファイルを識別する方法について、手順を追って説明します。

Windows XP では、NTFS でフォーマットされているドライブに暗号化ファイル システム (EFS) を使用できます。EFS により、ファイルの内容を他のユーザーに隠すことができます。多くのユーザーが、特にアクセスが無制限であったり盗難に対して脆弱なラップトップ コンピュータを使用している場合は、機密データや重要なデータを保持するファイルを暗号化する必要があります。

暗号化ファイルを識別するには、次の方法のいずれかを実行します。
  • 暗号化ファイルのファイル一覧のカラーを変更します。
  • 詳細表示の [属性] 列に "E“ という文字を表示して、暗号化状態を示します。

暗号化ファイルのファイル一覧のカラーを変更する

暗号化ファイルのファイル一覧のカラーを変更するには、次の手順を実行します。
  1. [マイ コンピュータ] をダブルクリックし、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。
  2. [表示] タブをクリックします。
  3. [暗号化や圧縮された NTFS ファイルをカラーで表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
先頭に戻る

詳細表示に [属性] 列を追加する

システム ウィンドウの [ツール] メニュー、またはコントロール パネルで [フォルダ オプション] コマンドを使用します。システム ウィンドウの詳細表示に [属性] 列を追加するには、次の手順を実行します。
  1. エクスプローラを使用している場合など、ファイルを表示している際に、[表示] メニューから [詳細表示の設定...] をクリックします。
  2. [属性] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
先頭に戻る
efs winxp
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 320166 (最終更新日 2002-10-26) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:320166 - 最終更新日: 02/19/2003 04:09:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbhowto kbhowtomaster kbenv kbui KB320166
フィードバック