現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

.tif ファイルに対する [この種類のファイルであれば常に警告する] 設定が失われる

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Internet Explorer で、TIF または TIFF (Tagged Image File Format) イメージへのリンクをクリックすると、ファイルを直接開くか、または保存するかを確認するメッセージが表示される場合があります。この現象は、[この種類のファイルであれば常に警告する] チェック ボックスをあらかじめオフにしていた場合にも発生します。なお、この資料で説明する問題は、[この種類のファイルであれば常に警告する] チェック ボックスをあらかじめオフにしているユーザーに特有の現象です。
原因
レジストリの TIFImage.Document (ファイル拡張子 .tif または .tiff に対するデフォルトの ProgID) および Imaging.Document は両方とも同じ CLSID を参照します。しかし、この CLSID が参照する ProgID は 1 つ (Imaging.Document) だけです。
解決方法
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

この問題を解決するには、レジストリ エディタを使用して次のレジストリ サブキーを表示します。
HKEY_CLASSES_ROOT\.tif
レジストリ エディタの右側のウィンドウで、[(既定)] (または [(標準)]) を右クリックし、[変更] をクリックします。[値のデータ] ボックスに次の値を入力し、[OK] をクリックします。
Imaging.Document
レジストリ エディタを使用して、次のレジストリ サブキーを表示します。
HKEY_CLASSES_ROOT\.tiff
レジストリ エディタの右側のウィンドウで、[(既定)] (または [(標準)]) を右クリックし、[変更] をクリックします。[値のデータ] ボックスに次の値を入力し、[OK] をクリックします。
Imaging.Document
レジストリ エディタを終了します。

重要 : TIFF (Tagged Image File Format) ファイルをサポートする画像表示ソフト (Windows 2000 のイメージングなど) を使用すると、「原因」に示したレジストリ値が変更される場合があります。それが原因で、この問題が発生する可能性があります。
詳細
関連する問題を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
319829 Internet Explorer で TIFF (Tagged Information File Format) ファイルを開けない
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 320289 (最終更新日 2003-12-05) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:320289 - 最終更新日: 06/10/2005 08:23:00 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Internet Explorer 6.0
  • kbenv kbui kbprb KB320289
フィードバック