現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XCCC] フロントエンド サーバーで多数の接続が確立される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP320298
現象
Microsoft Exchange 2000 Server フロントエンド サーバーで、以下のいずれか、または複数の現象が発生することがあります。
  • サーバーが、それ自体への TCP (伝送制御プロトコル) 接続を急速に確立し始め、無期限に開かれたままになります。フロントエンド サーバーへのすべてのクライアント接続を停止した後も、接続は開かれたままです。
  • Inetinfo.exe プロセスがコンピュータの使用可能なメモリのほとんどを消費し、大量のハンドルとスレッドを使用します。ただし Inetinfo.exe プロセスが、過度の CPU サイクルを使用することもありますが、使用しないこともあります。
  • Exchange 2000 Server にサービスを提供する仮想サーバー (Web サイト) のログ ファイルには、public 仮想ディレクトリへのアクセスを試行する、1 人のユーザーからの大量のエントリが表示されます。これらのエントリは以下のようになります。

    : これらのメッセージは、必ずしも問題のある動作を示すわけではありません。
    2002-02-06 11:02:09 192.168.1.100 test 192.168.1.120 80 GET/public/folder1/ Cmd=contents 503Exchange-Server-Frontend-Proxy/6.0+Mozi...
    および
    2002-02-06 11:02:09 192.168.1.100 test 192.168.1.120 80 PROPFIND/public/folder1/ - 503 Exchange-Server-Frontend-Proxy/6.0+Mozi...
    : 上記のエラー メッセージは読みやすくするために折り返されています。
原因
この現象は、フロントエンド サーバーが、マウントされたパブリック フォルダ ストアを含んでいる場合に発生することがあります。この現象は、以下のいずれか、または両方が原因で発生します。
  • パブリック フォルダ ストアがあらかじめマウントされ、何人かのユーザーに使用されていることがあります。
  • フロントエンド サーバーが組織の最初の Exchange 2000 Server になっていて、そのためフロントエンド サーバーがシステムのデフォルトのパブリック フォルダを含むことがあります。
解決方法
マイクロソフトは、フロントエンド サーバーでメールボックス データベースまたはパブリック フォルダ データベースを実行しないことをお勧めします。これは、フロントエンド サーバーがメールボックスをホストしないので、メールボックス データベースまたはパブリック フォルダ データベースが必ずしもフロントエンド サーバーに存在する必要はないためです。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

メールボックス データベースとパブリック フォルダ データベースを停止して無効にする

  1. Exchange システム マネージャを起動します。
  2. [サーバー]、使用中のサーバー、および [最初のストレージ グループ] をこの順にクリックして展開します。
  3. [メールボックス ストア (サーバー名)] を右クリックして、[ストアのディスマウント] をクリックし、[はい] をクリックします。

    : フロントエンド サーバーを SMTP ブリッジヘッド サーバーとして使用する場合、メールボックス ストアをサーバーにマウントする必要があります。その場合は、このストアのマウントを解除したり、このストアを削除したりしないでください。ただし、このサーバーにメールボックスが格納されていないことを確認してください。
  4. [メールボックス ストア (サーバー名)] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  5. [データベース] タブをクリックして [起動時にこのストアをマウントしない] チェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  6. [パブリック フォルダ ストア (サーバー名)] を右クリックして [ストアのディスマウント] をクリックします。

    警告 : パブリック フォルダ ストアのマウントを解除して削除する前に、パブリック フォルダが他のパブリック フォルダ ストアに複製を持っていることを確認します。そうしない場合、情報が失われることがあります。
  7. [はい] をクリックしてパブリック フォルダ ストアのマウントを解除します。
  8. [パブリック フォルダ ストア (サーバー名)] を右クリックして [削除]、[はい] [OK]、[EXBE]、[OK]、[はい] をこの順にクリックして、パブリック フォルダ ストアを削除します。[OK] をクリックしてメッセージ ボックスを閉じます。
  9. Exchange システム マネージャを終了します。

Microsoft Exchange Information Store を無効にする

メールボックス データベースとパブリック フォルダ データベースのマウントを解除した後は、Information Store サービスはフロントエンド サーバーでは何も機能しないため、無効にできます。不必要なサービスを削除することによって、負荷を軽減し、セキュリティを向上させます。

Microsoft Exchange Information Store を無効にするには以下の手順に従います。
  1. [サービス] スナップインを起動します。これを行うには、[スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] をこの順にクリックします。[名前] ボックスに services.msc と入力して [OK] をクリックします。
  2. [名前] の一覧の [Microsoft Exchange Information Store] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  3. [スタートアップの種類] の一覧の [無効] をクリックし、[停止] をクリックします。[はい] をクリックして POP3 サービスおよび IMAP4 サービスの停止を確認し、[OK] をクリックします。
  4. [Microsoft Exchange POP3] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  5. [スタートアップの種類] の一覧の [手動] をクリックして [OK] をクリックします。
  6. [Microsoft Exchange IMAP4] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  7. [スタートアップの種類] の一覧の [手動] をクリックして [OK] をクリックします。
  8. [サービス] スナップインを終了します。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
286822 XCCC: Front-End Servers Establish Large Number of Connections to Themselves
286822 [XCCC] フロントエンド サーバーがフロントエンド サーバー自体に対して多数の接続を確立する
Exchange 2000 フロントエンドおよびバックエンド トポロジに関する詳細については、次のマイクロソフトの Web サイトを参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 320298 (最終更新日 2002-05-09) をもとに作成したものです。

kbExchangeSearch; kbExchange2000; kbExchange2000Serv
プロパティ

文書番号:320298 - 最終更新日: 05/09/2002 13:50:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbprb KB320298
フィードバック