Word for Mac で脚注の間に連続するセクション区切りを挿入すると、改ページが適切に実行されない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP320570
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Word 2000 については、次の資料を参照してください。214203
現象
ページの下部に表示されるように書式設定した 2 つの脚注の間に、セクション区切りを連続して挿入すると、この連続するセクション区切りの位置で改ページが不適切に実行されます。つまり、連続するセクション区切りが改ページとして動作します。
回避策
連続するセクション区切りが改ページとして動作しないようにするには、脚注を変更して、文末脚注として文書の最後に表示します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [挿入] メニューの [脚注] をクリックします。
  2. [脚注と文末脚注] ダイアログ ボックスの [オプション] をクリックします。
  3. [脚注と文末脚注のオプション] ダイアログ ボックスの [変更] をクリックします。
  4. [脚注の変更] ダイアログ ボックスの [脚注を文末脚注に変更する] をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. [OK] をクリックして [脚注と文末脚注のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
  6. [閉じる] をクリックして、[脚注と文末脚注] ダイアログ ボックスを閉じます。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
wrong incorrect hard new extra column columns WD2001 WDX X WD WD98
プロパティ

文書番号:320570 - 最終更新日: 02/01/2014 17:24:34 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Word 2004 for Mac
  • Microsoft Word X for Mac
  • Microsoft Word 2001 for Mac
  • Microsoft Word 98 for Macintosh
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbnofix KB320570
フィードバック