[IE] InternetSetOption() で接続制限数を増加しても接続しているサーバーに反映されない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP320721
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料は、Internet Explorer において、InternetSetOption() で接続制限数を増加しても接続しているサーバーに反映されない現象について説明したものです。
現象
Wininet.dll では、単一の HTTP 1.0 サーバーへの同時接続が 4 つまでに制限されています。単一の HTTP 1.1 サーバーへの同時接続は、2 つまでに制限されています。HTTP 1.1 の仕様 (RFC 2068) では、2 接続までという制限が定められています。HTTP 1.0 サーバーの 4 接続という制限は独自の制限であり、普及している Web ブラウザの大半で使用されている標準と一致します。

Internet Explorer 5 以降では、NULL ハンドルで次のフラグを指定して InternetSetOption 関数を呼び出すことにより、プログラムから接続制限を変更することができます。これによってプロセス全体の接続制限が変更されます。
INTERNET_OPTION_MAX_CONNS_PER_SERVER
INTERNET_OPTION_MAX_CONNS_PER_1_0_SERVER
ただし、サーバーに対する接続を確立済みのプロセスがある場合に InternetSetOption を呼び出して接続制限を変更すると、同じサーバー上でその後確立される接続に対して、この変更は有効になりません。この動作は、前の接続を切断してから InternetSetOption を呼び出した場合にも発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
この問題は Internet Explorer 6 Service Pack 1 で修正されております。
詳細
この修正プログラムでは 1 つ前の制限が修正されることに注意してください。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
183110 INFO: WinInet Limits Connections Per Server
183110 [INFO] WinInet ではサーバーごとの接続数が制限される
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 320721 (最終更新日 2002-08-20) をもとに作成したものです。

kbShell
プロパティ

文書番号:320721 - 最終更新日: 02/26/2014 20:55:59 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 6.0
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbshell kbie600presp1fix kbie550presp3fix wininet.dll kbwinxpsp1fix internetsetoption internet_option_max_conns_per_1_0_s internet_option_max_conns_per_serve 接続制限 http1.1 http1.0 KB320721
フィードバック