ソフトウェア頂点処理を使用するゲームで発生する可能性のある DirectX 8.1 の問題

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP321178
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
非常にまれなケースですが、DirectX 8.1 のソフトウェア固定関数による変換(テクスチュア)とライティング機能を使用するゲームを実行中に、ゲームがハングして応答しなくなることがあります。
原因
この問題は、Direct3D の DrawIndexedPrimitive 関数で簡単な問題が起きたときに発生します。この問題が発生すると、Direct3D が続行できなくなるか、エラー メッセージが表示されなくなります。
解決方法
この問題が発生するゲームは、リリース前のテスト中に見つかったもののみであり、製品リリースにはこの資料に記載するアップデートが既に組み込まれています。そのため、このアップデートを手動でインストールする必要のあるユーザーはほとんどいません。マイクロソフトでは今回、この問題に対する修正プログラムを公開しましたが、これは、この資料に記載する問題の修正のみを目的としたものです。実際に問題の発生しているコンピュータ以外には適用しないでください。また、この修正プログラムは引き続きテストを受ける可能性があります。したがってマイクロソフトは、問題が実際に発生していないユーザーは、修正プログラムを含む次の Windows XP Service Pack を待つことをお勧めします。

修正プログラムを入手するには、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトにアクセスし、"Download" セクションから以下のファイルをダウンロードします。ファイル名 : Dx81b winxp - qfe (q321178).exe
表示名 : DX8.1b WinXP - QFE
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Windows XP Service Pack 1 で修正済みです。
詳細
この問題が発生する可能性があると判定されたゲームには、既に修正プログラムが適用されているため、今後ユーザーのコンピュータでこの問題が発生する可能性はほとんどありません。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 321178 (最終更新日 2002-07-19) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:321178 - 最終更新日: 01/12/2015 20:09:21 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbwinxppresp1fix kbwinxpsp1fix KB321178
フィードバック