現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office プログラムを開くときにプロダクト キーを要求される

現象
Microsoft Office 2003 については、次の資料を参照してください。836178
Microsoft Office プログラムを開いたときに、ユーザー情報画面が表示され、ユーザー名、頭文字、組織、プロダクト キーの入力を要求されます。必要な情報をすべて入力した後に、次のエラー メッセージが表示されます。
この製品を使用するには、有効なプロダクト キーを入力してください。セットアップ中にプロダクト キーがないか無効であることが検出されました。この 25 文字で構成されるキーは、CD-ROM ケースの裏側に貼られた黄色いシールに記載されています。
原因
この問題は、コンピュータに Microsoft Office または Office プログラムが複数インストールされていて、インストールが競合している場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、重複しているプログラム (Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft Office XP Small Business Edition など) を削除してから、Office または Office プログラムを再度インストールします。
詳細
この問題は、Office XP または Office 2000 をインストールする前に、別の Office スイート (Standard、Professional、Premium など) またはスタンドアロンの Office プログラム (Word、Excel、Microsoft PowerPoint、Microsoft Publisher など) がコンピュータにインストールされている場合に発生することがあります。

たとえば、一部の OEM (相手先ブランド供給) は、Microsoft Works Suite 2002 をインストール済みのコンピュータを販売しています (Microsoft Works Suite には Word が含まれています)。Office XP をインストールしても、既にインストールされていた Word は置き換えられません。これは、2 つのインストールが同じバージョンであるためです。このため、Word を開くときに、プロダクト キーが要求されます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 321346 (最終更新日 2004-12-17) を基に作成したものです。
prb OFFXP OFF2000 CD Key OFF
プロパティ

文書番号:321346 - 最終更新日: 09/02/2005 09:23:00 - リビジョン: 2.3

  • Microsoft Office XP (Setup)
  • Microsoft Office 2000 Standard
  • kbtshoot kbprb kbstartprogram KB321346
フィードバック