方法: Windows 2000 でグループ ポリシー結果ツールを使用します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:321709
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料ではグループを使用する方法について説明します。ポリシーの結果 (Gpresult.exe) は Windows 2000 のツールします。

back to the top

グループ ポリシー結果ツールの概要

グループ ポリシー結果ツールを使用して情報を表示することができます。両方現在ログオン ユーザーに対するグループ ポリシーの影響について、コンピューターです。このコマンド ライン ツールは、Windows 2000 リソース キットで利用可能です。 この問題を解決するには、Windows 2000 リソース キット ツールの最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
927229 Windows 2000 リソース キット ツールの管理タスク
Gpresult.exe を使用して、次の情報を取得することができます。現在ログオンしているユーザーとコンピューターの両方について。
  • オペレーティング システムの情報:
    • 種類: Windows 2000 Server、Windows 2000 Professional、または、ドメイン コント ローラー
    • バージョン番号およびサービス パックの情報
    • ターミナル サービスがインストールされているかどうか、およびその場合は、使用しているモード
  • ユーザー情報:
    • ユーザーの名前と場所で Active Directory (if適用可能な場合)
    • ドメイン名と種類 (Windows 2000 または Microsoft Windows[NT])
    • サイト名
    • ローカルまたは移動プロファイルは、ユーザーかどうかと場所のプロファイル
    • セキュリティ グループ メンバーシップ
    • セキュリティ特権
  • コンピューター情報:
    • コンピューターの名前と場所で Active Directory (if適用可能な場合)
    • ドメイン名と種類 (Windows 2000、または Windows NT)
    • サイト名
  • グループ ポリシー情報。
    • 最後にグループ ポリシーが適用されると、ユーザーのグループ ポリシー設定を適用するドメイン コント ローラーと、コンピューター
    • すべてのグループ ポリシー オブジェクト (Gpo) を適用し、各 GPO が含まれています。 拡張機能の概要など、詳細については、「
    • レジストリの設定を適用して、[詳細]
    • リダイレクトされているフォルダーとは[詳細]
    • ディスク クォータ情報
    • インターネット プロトコル (IP) のセキュリティ設定
    • スクリプト
back to the top

Gpresult.exe 構文

Gpresult.exe は、次の構文を使用します。
gpresult [/v] [/c] [/u] [/s]
次のパラメーターでを使用することができます。Gpresult.exe。
  • /v: Gpresult.exe を冗長モードで実行するのには、このパラメーターを使用します。場合、このパラメーターを使用して、次の情報が表示されます (で追加するには通常表示される情報):
    • ユーザーのセキュリティ権限の一覧
    • GPO のグローバル一意識別子を含む詳細(GUID)、表示名、バージョン、およびソース
    • 次のグループ ポリシー拡張機能の詳細
      • 管理用テンプレート (レジストリ ベースのポリシー設定)
      • アプリケーション構成の管理
      • ディスク クォータ
      • フォルダーのリダイレクト
      • IP セキュリティ
      • スクリプト
  • /s: このパラメーターを使用して super-verbose のモードで Gpresult.exe を実行します。このパラメーターを使用すると、次の情報で表示されます。追加は、通常表示される情報):
    • バイナリ値のバイナリのレジストリ設定 (と適用可能な場合)
    • 表示されるプログラムの一覧コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツール
    • グループ ポリシー コンテナー (GPC) とグループ ポリシーテンプレート (GPT) の GPO のバージョン番号
  • /c: このパラメーターのコンピューターに関する情報を表示する. します。設定だけです。
  • /u: このパラメーターをユーザー設定に関する情報を表示するために使用します。のみ。
back to the top

  • Gpresult.exe を冗長モードで実行するのには、次を入力します。コマンド プロンプトでは、行し、ENTER キーを押します。
    gpresult/v
  • Super-verbose モードでは、直接 Gpresult.exe を実行するのには出力を C:\Reports フォルダーに Gp.txt という名前のファイルに、次の行を入力します。コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
    gpresult/s > c:\reports\gp.txt
  • ユーザーの設定に関する情報を表示するのには、入力、次のコマンド プロンプトでは、行し、ENTER キーを押します。
    gpresult/u
  • コンピューターの設定に関する情報を表示するのには、入力します。次の行には、コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
    gpresult/c
back to the top
関連情報
Gpresult.exe の詳細についてを入力します。 gpresult/しますか? コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。

Windows 2000 リソース キットの詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト: グループ ポリシーの詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト: back to the top

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:321709 - 最終更新日: 12/07/2015 10:46:45 - リビジョン: 8.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbmt KB321709 KbMtja
フィードバック