Internet Explorer がプロキシ サーバーの Kerberos 認証をサポートしていません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:321728
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Internet explorer のプロキシ サーバー (インターネット セキュリティとアクセラレータ Server 2000 など) での認証に Kerberos を使用できません。
原因
この現象が発生するは、Internet Explorer の Kerberos 認証は、プロキシをサポートしていませんので、ネゴシエート チャレンジに、プロキシ サーバーから応答しません。
状況
この制限は、Windows Internet Explorer 7 で削除されました。
詳細
Internet Explorer で Windows 2000 および Windows XP で [統合 Windows 認証がオンの場合は、Web サーバーで Kerberos 認証を完了できる直接またはプロキシ サーバー経由します。ただし、Internet Explorer Kerberos がプロキシ サーバーに認証することはできませんがします。

メモ: 統合 Windows 認証] がオンになっている場合は、インターネット エクスプ ローラーに Windows 2000 と Windows XP は negotiate チャレンジに応答して Web サーバーで Kerberos 認証をサポートしています。ただし、Internet Explorer を Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows me、および Windows NT 4.0 は negotiate チャレンジに応答するように構成できません。これらのバージョンの Internet Explorer のデフォルトの NTLM (Windows NT チャレンジ/レスポンス) 認証場合でも、 (再起動が必要)、統合 Windows 認証を有効にします。 これらのオペレーティング システムでこの機能がないために、チェック ボックスをオンします。

Internet Explorer 6.0 での統合 Windows 認証を有効にする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
299838 Internet Explorer 6 にアップグレードした後、Kerberos 認証をネゴシエートすることができません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:321728 - 最終更新日: 12/07/2015 10:48:03 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbbug kbenv kbpending kbmt KB321728 KbMtja
フィードバック