ターミナル サービス セッションで Windows インストーラ実行時のアクセス違反

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ターミナル サービス セッションで Microsoft Windows インストーラを使用して、デスクトップにショートカットを作成するプログラムをインストールした場合、以下と同様のアクセス違反の通知が表示されることがあります。
Action 13:04:05: CreateShortcuts. Creating shortcuts
CreateShortcuts: Shortcut: Octopus
=====================================================
Exception code: C0000005 ACCESS_VIOLATION
Module: D:\WINNT\System32\SHELL32.DLL
Function: 0x783020ef
=====================================================
Registers: EAX:000D701B EBX:000D6FE0 ECX:0000003B EDX:015A0002 ESI:7840A720 EDI:00000000
CS:EIP:001B:783020EF SS:ESP:0023:016FD6F8
EBP:016FD6F8 DS:0023 ES:0023 FS:0038 GS:0000
Flags:00010206
Call stack:
Address Frame
783020EF 016FD6F8 0 -- 0x000D6FE0 0x00000002 0x000986D??|
Installer terminated prematurely
次のエラー メッセージが表示されることもあります。
インストーラは完了前に中断されました
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 321787 (最終更新日 2003-06-23) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:321787 - 最終更新日: 02/14/2014 09:58:48 - リビジョン: 1.2

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbwin2ksp4fix kbbug kbfix kbwin2000presp4fix KB321787
フィードバック