情報: サービス パック 2 は置換モードでのみ MSXML 3.0 をインストールします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:321924
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
だけで Microsoft XML (MSXML) 3.0 Service Pack 2 (SP2)、またはそれ以降の service pack をインストールします。 置換 モードです。このリリースは Microsoft Windows XP、Microsoft Internet Explorer 6.0、Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2.7 に含まれるです。置換モードでは、新しくインストールされたバージョンの MSXML が古いバージョンに置き換えられ、デフォルトの XML パーサーになりますを示します。

MSXML 3.0 SP2 またはこの冒頭に記載プログラムのいずれかをインストールする場合は文書のレジストリ設定 InprocServer32 Microsoft XML 2.0 および Microsoft XML 2.5 で登録されている Clsid のパーサー (Msxml.dll) リセット、Msxml3.dll ファイルを使用します。MSXML 3.0 SP2 は、MSXML オブジェクトの作成プロセスの対応する Progid を使用します。は、 InprocServer32(Default) 以前の Msxml.dll 既定値必要があるこの新しいインストールで、クラスを次のレジストリ キーが変更されます。
プログラム IdCLSIDInprocServer32(Default)
Microsoft.XMLDOM2933BF90-7B36-11D2-B20E-00C04F983E60msxml3.dll
Microsoft.XMLDOM.1.02933BF90-7B36-11D2-B20E-00C04F983E60msxml3.dll
Microsoft.XMLDSO550DDA30-0541-11D2-9CA9-0060B0EC3D39msxml3.dll
Microsoft.XMLDSO.1.0550DDA30-0541-11D2-9CA9-0060B0EC3D39msxml3.dll
Microsoft.XMLHTTPED8C108E-4349-11D2-91A4-00C04F7969E8msxml3.dll
Microsoft.XMLHTTP.1.0ED8C108E-4349-11D2-91A4-00C04F7969E8msxml3.dll
Microsoft.XMLParserD2423620-51A0-11D2-9CAF-0060B0EC3D39msxml3.dll
Microsoft.XMLParser.1.0D2423620-51A0-11D2-9CAF-0060B0EC3D39msxml3.dll
Msxml.DOMDocument2933BF90-7B36-11D2-B20E-00C04F983E60msxml3.dll
Msxml.FreeThreadedDOMDocument2933BF91-7B36-11D2-B20E-00C04F983E60msxml3.dll
Msxml2.DOMDocumentF6D90F11-9C73-11D3-B32E-00C04F990BB4msxml3.dll
Msxml2.DSOControlF6D90F14-9C73-11D3-B32E-00C04F990BB4msxml3.dll
Msxml2.FreeThreadedDOMDocumentF6D90F12-9C73-11D3-B32E-00C04F990BB4msxml3.dll


MSXML 2.5 (Msxml.dll) を使用するか、または既にその他互換性のアップグレードをテストする必要がありますプログラム。MSXML 3.0 より W3C 標準に準拠厳密に W3C 仕様: たとえば、有効な文字の範囲チェック適用します。

有効な文字の範囲を確認する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
315580 PRB: XML ドキュメントに下位 ASCII 文字が含まれているときにエラー メッセージ
詳細
MSXML 3.0 SP2 より前のバージョンの MSXML で、Xmlinst.exe ユーティリティ、置換モードの変更を実行する必要があります。このユーティリティでは、いくつかのシナリオを実行すると、これが不安定になったりシステムとで、サポートされない構成があります。

お客様および XML 開発者のニーズを満たすために、MSXML 3.0 SP2 完全置換モードで MDAC 2.7 は、Window XP、Internet Explorer 6.0 でテストされました。このバージョンのインストールと実行にのみ置換モードし、マイクロソフトによって完全にサポートします。

さらに、あります置換モードの利点は MSXML 3.0 SP2 をインストールするのに追加されます。たとえば。
  • 置換モードで MSXML 3.0 SP2 をインストールすると、この Internet Explorer 6.0 は、XSL 変換 (XSLT) と XPath を使用できるブラウザーのなります。MSXML 3.0 では、W3C XSLT と XPath 規格に対する広範なサポートが追加されました。ユーザー インターネット エクスプ ローラーを表示し、XML データを変換するには、する便利なツールとして使用できます。
  • MSXML 3.0 SP2 (例、解析、XSL の変換および XPath サポート) を処理する xml のはるかに豊富なクライアント側のサポートを提供します。これには、XML 開発者は、XML がクライアント側には、サーバー側からの処理の負荷を軽減し、こうすると、Internet Explorer の活用することができます。
関連情報
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
278636 [PRB] 運用サーバーでの Xmlinst.exe を実行するとアプリケーション エラーが発生します。
308480 情報: は、最新の Microsoft XML 3.0 Service Pack の入手方法
308563 情報: 懸案事項の一覧に Microsoft XML 3.0 Service Pack 2 (パート 1/4) の修正
308564 情報: 懸案事項の一覧に Microsoft XML 3.0 Service Pack 2 (パート 2/4) の修正
308565 情報: 懸案事項の一覧に Microsoft XML 3.0 Service Pack 2 (パート 3/4) の修正
308566 情報: 懸案事項の一覧に Microsoft XML 3.0 Service Pack 2 (パート 4/4) の修正

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:321924 - 最終更新日: 12/07/2015 10:52:06 - リビジョン: 3.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB321924 KbMtja
フィードバック