現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ハイパー スレッド環境で SQL Server のサポート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:322385
はじめに
この資料では、ハイパー スレッド環境で SQL Server のサポートについて説明します。
詳細
SQL Server の基本設計は、ハイパー スレッド環境で完全に機能します。ただし、ハイパー スレッドの環境を使用する場合お勧めします次を実行すること。
  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降の service pack を実行します。
  • 最新のセキュリティ更新プログラムをインストールします。
Microsoft Windows オペレーティング システムでは、論理のハイパー スレッド Cpu が物理 cpu 数として表示されます。SQL Server は拡張性が既にあるため、Cpu はより多くのプロセッサを使用できる SQL Server を提供します。

ハイパー ・ スレッディングの Microsoft Windows のサポートに関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ハイパー スレッドの配置を考慮する場合は、次の注意する必要があります。
  • ライセンス
  • プロセッサ マッピング
  • パフォーマンス
  • インテルの CPU のユーティリティをカウントします。
各項目の詳細については、次の依存します。

ライセンス

ハイパー スレッディングが有効な場合、基本的な入力出力システム (BIOS) は、論理と物理 CPU の比率を使用します。現在の実装では、2:1 の比率を使用しています。これは、各物理 CPU の論理 Cpu を 2 つ (2) があることを意味します。これらの比率は、今後変わる可能性があります。ただし、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) およびそれ以降のバージョンには、比率を処理するためには、ライセンスの制限を調整する追加のライセンス コードがあります。などの場合は、インストールされている SQL Server の製品コードは、2:1 の比率では、SQL Server 2000 SP3 ビルドで 4 CPU ライセンスを許可し、それ以降のビルドは、調整し、8 個の Cpu を使用することはします。

SQL Server をインストールすると、物理 CPU 数を使用して、比の変換を処理する SQL Server を使用します。これに対し、アフィニティ マスクオプションを設定すると、物理プロセッサの場合と同様、SQL Server はすべての Cpu を使用しているため論理 CPU の値を使用します。

ライセンスとサポートされている構成の詳細、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

プロセッサ マッピング

既定では、SQL Server は、論理プロセッサの序数の順序に従って、各プロセッサのユーザー モード スケジューリング (UMS) スケジューラを作成します。ハイパー スレッドが有効になっている環境では、Microsoft Windows は、すべて SQL Server に利用可能なプロセッサが物理プロセッサの場合は true であるかのように処理します。論理および物理プロセッサのマッピングのサンプルは、次の表に表示されます。

プロセッサ マッピング テーブル 1
論理物理
00
11
22
33
40
51
62
73
ここで、別のプロセッサのマッピングの例です。

プロセッサ マッピング テーブル 2
論理物理
00
10
21
31
42
52
63
73
いずれかのマッピングは、SQL Server に許容されます。ただし、SQL Server が予期せず、物理 CPU に制限されて複数の物理 Cpu を使用するには、状況を作成しないように注意します。

予想される物理プロセッサ使用率を変更するのには、SQL Server のアフィニティ マスク オプションを使用できます。これを行うには、プロセッサのマッピングの表 1 を参照してください。アフィニティ マスク 00010001 で、プロセッサ 0 およびプロセッサ 4 を使用している場合、使用されている論理プロセッサは、物理プロセッサのサンプル、#0 にマップされます。これは、結果、2 つの物理プロセッサではなく論理プロセッサの両方をサポートする単一の物理プロセッサの使用中です。このような状況では、パフォーマンスが低下可能性があります。

アフィニティ マスク オプションと IO 関係マスクの起動時のパラメーターの組み合わせを使用すると、既定の動作を変更します。アフィニティ マスク オプションまたは IO 関係マスクの起動時のパラメーターの詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
298402 SQL Server I/O アフィニティ オプションを設定する方法を理解します。
警告:関係マスクを設定するときは、注意を使用します。簡単に構成できます affinity mask 正しく別の物理プロセッサを使用することを意図したときに 2 つの論理プロセッサをサポートするために同一の物理プロセッサを使用しています。

パフォーマンス

ハイパー スレッド環境のパフォーマンスが変化します。保守的なテストによれば、SQL Server のワークロードの 10 ~ 20% 向上しますが、アプリケーションのパターンが重大な影響を与えます。いくつかのアプリケーションにはなりませんが増加パフォーマンスでハイパー ・ スレッディングを活用することがあります。物理プロセッサは既に飽和状態になって場合、論理プロセッサを使用することができます実際に負荷を軽減を実現します。

などアプリケーション高レベルの競合が発生することが原因でパフォーマンスの低下、ハイパー スレッド環境で。同等の物理 Cpu を購入することを取得するパフォーマンス、ハイパー スレッド環境を提供するかどうかを確認するには、徹底的にアプリケーションをテストすることをお勧めします。ハイパー ・ スレッディング ・非常に便利ですが、ハイパー ・ スレッディング ・その他の物理 CPU のすべての機能を置き換えることはできません。

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

インテルの Web サイトはいくつかの有益な情報とハイパー ・ スレッディングに関するチュートリアルについては、(インテル ® NetBurst マイクロ アーキテクチャ)。ハイパー ・ スレッディングをサポートするシステムの詳細については、以下のインテル Web サイトを参照してください。


並列処理 (MAXDOP) の最大限度

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
2806535 '並列処理の最大限度] 構成オプションで、SQL Server のガイドラインの推奨事項と

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:322385 - 最終更新日: 08/06/2015 03:30:00 - リビジョン: 16.0

Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition, Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

  • kbinfo kbmt KB322385 KbMtja
フィードバック
?LinkID=521839" ms.title="プライバシーとクッキー" class="ctl_footerNavLink" data-bi-name="Footer_Privacy&cookies" data-bi-slot="2"> プライバシーとクッキー
  • 商標
  • © 2016 Microsoft