Microsoft SQL Server 2000 SP3 セキュリティ機能とベスト ・ プラクティス

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:322712
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft SQL Server を紹介するホワイト ペーパーを参照するのには管理者および開発者に SQL Server 2000年のセキュリティ機能Service Pack 3 (SP3) には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 このホワイト ペーパーはセキュリティのベスト プラクティスについて説明、詳細な説明推奨事項、およびソース コード例が含まれています。それの最後には、セキュリティのベスト プラクティス チェックリスト

メモ このホワイト ・ ペーパー、SQL Server エンジンに焦点を当てます。

このホワイト ペーパーでは、次の情報が含まれています。
  • SQL Server 2000年のセキュリティ モデル
  • サーバー レベルのセキュリティとオブジェクト レベルの実装セキュリティ
  • セキュリティで保護された多層配置
  • チェックリスト: セキュリティのベスト プラクティス

プロパティ

文書番号:322712 - 最終更新日: 02/27/2014 05:22:10 - リビジョン: 6.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbwhitepaper kbmt KB322712 KbMtja
フィードバック